読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

スイカの皮の炒め物。

ブログをやってるクセに
写真を撮る習慣がありません。
食べ終わってからブログに記録しよう、
と思い付きました。

録画して見ている好きな番組に、
ケンミンショーがあります。
ふるさと特有の、全国共通ではない習慣を
発表し合う番組です。

そこで、数年前に、スイカの皮を食べる習慣が
放送されていました。
水分の多いスイカの皮は、
焼却場で大きな負荷になっているとも聞くので
興味津々で見てました。

普通に食べる赤い実の部分と、
外皮(濃い緑と黒のシマシマ)の間にある
白い部分が美味しいという話でした。

その放送を見て以来、
スイカの実を食べた翌日は、
スイカの皮料理、というのが我が家の定番です。

家族が食べるものなので、
我が家では特に気にせず、
いつも通り赤い部分を食べた後で、
歯形がついてる部分は削り、
外皮を剥きます。

気になる方は、赤い部分だけを食卓に出した
方がいいかもしれません。

生で浅漬けにすることもできます。
食感は冬瓜、味はスイカ風味の胡瓜という感じ。

調理方法としても、冬瓜と同じように
スープに入れたり、煮付けたり炒めたり。
少し甘味が残るので、
まずは火を通す、しょっぱい味付けがお勧めです。
クックパッドで検索してみたら
336品もありました。

昨日は、コンソメスープに入れて一品。
豚肉と甘辛く炒めて一品にしました。
赤い部分を取っていても
少し赤みがあって、透き通っていて、
見た目も涼やかで子供たちも
喜んで食べてくれます。

数年前まで特に考えもせずに捨てていたので、
こんなに美味しいのに勿体なかったな、
と思います。
1/4個で398円、とあれば、
きっと実は300円で、皮が98円はします。

大根の皮とか、ブロッコリの芯とか、
結婚して料理するようになるまで
食べられると知らなかったのですが、
料理って本当に、
思い込みをくつがえされることが多いです。
体系的に習っていないので、
家庭の常識が隣の家とも違ったり、
発見だらけです。

スイカの皮のように、
まだまだ知らずにやっている残念なことが
きっといっぱいあるので、
それを発見していける料理という家事は
面白いなぁと思います。
(でもまだまだ苦手意識も強いですが…)


追記:写真撮りました。