読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

魚の骨。

育児のこと。

昨晩のヒヤリハッとについて。
魚の骨です。

鯖の切り身の塩焼きを食べたのですが、
次男の喉に骨が刺さりました。
「痛い!」
と言って泣き始めました。

長男も含め、
子供に魚の骨が刺さったのが初めてで
動転してしまいました。
私たちが子供の頃は
「ご飯を飲め」
なんて言われましたけど、
それは間違いらしいと聞いていたので
とりあえずググりました。

検索で出たのは
「病院へ」
ということでした。
病院?小児科?耳鼻科?
明日の診療時間は?と、調べながら、
ユッキー(夫)には喉の様子を見てもらいます。

ライトを当てても、
大きく喉を開けさせるのが難しく、
魚の骨が見えません。
見えればピンセットで抜いてしまおうかとも
思ったのですが…。

そうこうしてるうちに、
「ちょっと取れた」と次男。
何がどうなったのかわからなかったのですが、
オエッとなって骨の半分がちぎれて出てきた様子。
でもまだ痛い、とのこと。

喉を見ようとしたのでオエッ、オエッとなって
吐き戻しそうというのでトイレへ。
多分出ないだろうと諦めたとき、
次男が突然泣き始めました。

変なところに刺さったのか⁉
と最悪、救急?と思ったところ
「飲んじゃった!」
とのこと。

とりあえず落ち着かせて泣き止ませ、
痛みはどうなったのか聞いたところ
「もう痛くない」
そうでした。
助かりました…。良かった…。

□自分への教訓□
・魚の骨は十分すぎるほど確認すること
・子供自身にも、よく噛んで食べるように伝えること
・万が一、魚の骨が刺さったら耳鼻咽喉科に翌日連れていく(見えれば大人が抜いても可)、ご飯と一緒に飲むのはダメ

魚嫌いにさせないように、
魚料理はこれからも出したいと思います。
怖かったです…。