適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

コーヒーメーカー買いました(購入後の感想)。

購入したのはこの子です。
HARIO V60 珈琲王コーヒーメーカー 2~5杯用 ブラック EVCM-5B
赤もあります。
HARIO V60 珈琲王コーヒーメーカー 2~5杯用 ワインレッド EVCM-5WR

色々検討した結果、
結局、ガラスサーバーです。

で、
置いてみました。

大きい!
でも素敵です。
ドリッパーはガラスではなくPCT樹脂とあり、触ると少しチープです(残念)。

決め手になったのは、何より、見た目!
あとは高温抽出できるのも嬉しい。

フィルターの形状が円錐で、
よくある台形フィルターではなく、
純正品は円錐形ですが、
今までの台形フィルターでも代用できます。※

※(2015.8.26追記)台形の底部分の繋ぎ目に圧がかかりすぎて破れることがあります。ご注意ください。


付属で純正フィルターも40枚ついているので
買ったらすぐに楽しめます。


こんな形。
抽出口が大きいです。

普段、朝食では大きめのマグカップで
珈琲をいただきます。
なので、二人分で
目盛りの4(500ml)まで水を入れて、
抽出ボタンの4で入れてみました。

スイッチを入れてから抽出が終わるまで
約8分かかります。
他のコーヒーメーカーよりは長い時間。
そのためか、抽出がおわるとアラームで教えてくれます。
見ていると、珈琲の落ちる速度はやや速いので、
水の温めに要する時間なのかな、
と思いました。
93度抽出、と書いてあります。

味は……すみません、
味覚音痴なので、うまく説明できませんが、
レビューにすっきりした味、とありました。
その通りの感想です。

びっくりしたのは抽出後の珈琲カスの形。
ハンドドリップした時のようなきれいな形になります。

見えますか?中央が円錐形に窪んでます。
このフィルターは純正ではなく、
普通の台形のフィルターです。


注意点としては、抽出時に
蒸気と蒸された珈琲が少し飛び散ります。
周りに汚れて困るものは置かない方がいいです。


V60シリーズだったら互換性がありそうなので、
ガラスが割れてしまっても
買い直しができるかも。

これが使えた、というレビューありました。
付属のサーバーは750mlで、こちらは800mlなので、少し高さも違うようです。
結構高さがギリギリに見えるので、
1つ下のサイズが適正かもしれません。
ハリオ V60コーヒーサーバー 700 VCS-02B


ハンドドリップする時にも使えますし
置いてあるだけで、うきうきします。

付属のドリッパーはプラなので、
触ると残念ですが、
見た目はとっても素敵。
しばらくしたらガラスや磁器か、
金属製に替えてみようかな。
サイズは02で選べば良いようです。
ハリオ V60透過ドリッパー02 セラミックホワイト 1~4杯用 VDC-02Wハリオ V60耐熱ガラス透過ドリッパー02 ブラック 1~4杯用 VDG-02Bハリオ V60カパー ドリッパー VDP-02CP

どれも素敵だなぁ。

朝の珈琲がますます楽しみになりました♪