読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

本「化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた」を読みました。

こんにちは。
昨日書いた通り、本日は本のご紹介をします。


本屋でたまたま手に取って立ち読みし、
購入した本です。


表紙の女性が著者で医者の山口麻子先生。
1971年生まれ、白金のクリニック院長とのこと。

「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法―美肌には化粧水もクリームもいりません―
この本の著者、宇津木先生の病院で5、6年働かれたあと、独立されたようです。


宇津木先生の本を2年前に図書館で借り、
借りている間は何度も読み返して実践していたはずが、
段々自己流のいい加減な肌断食もどきになってしまっていました。


本屋で見かけたのも何かのご縁。
連れて帰ってきました。

私の肌断食のいけなかったところ

本を読んで、ダメだと思ったところを列挙します。

  • 日焼け止めを毎日使った
  • BBクリームをくすみが気になる箇所に使った
  • ポイントメイクならいいかと思い、アイブロウ、チーク、口紅を、毎日使った
  • クレンジングをとにかく止めればよいと思い、化粧がきちんと落ちているか気にしていなかった

それぞれ、反省を含めて説明します。

日焼け止めを毎日使った

宇津木先生の本で、

"紫外線吸着剤入りの日焼け止めを使わない"

とありました。また、

"紫外線は避けた方がよい"

とも書かれていました。
それを曲解して、
「紫外線を避けるために紫外線吸着剤フリーの日焼け止めを毎日塗らなくちゃ!」
と、思い込んでいたんですよね。

山口先生は、

  • 日焼け止めはなるべく塗らない
  • 15分以上、外で過ごすときだけ、紫外線吸着剤を含まないものを、最小限使う

と、勧められています。


BBクリームをくすみが気になる箇所に使った

宇津木先生の本にBBクリームなんて出てきません。
「ファンデーションよりはいいかなぁ」と勝手に思って使ってしまっていました。

この本に

  • 下地やBBクリームも立派なファンデーション

と、ページ見出しで書かれていました。

リキッドファンデーションと同じくらい、肌には負担があるとのこと。


界面活性剤や合成ポリマー、防腐剤が含まれているものは、肌につけてはいけないそうです。
液体のものは界面活性剤や防腐剤が含まれていることが多いです。

どうしても使いたい場合は、それらが含まれないことを確認した、パウダーファンデーションならまだましなよう。
純石鹸で落とせることを確認しましょう、とのこと。


ポイントメイクならいいかと思い、アイブロウ、チーク、口紅を、毎日使った

山口先生もポイントメイクは否定されていません。

"シンプルなポイントメイクを楽しむ"

という章があるくらい。

でも、アイブロウ(眉墨)が眉毛を痛め薄くしてしまっていることもあるそうです。
なので、"眉断食" をお勧めされています。

2ヶ月ほどで自眉が復活するとか。


また、チークもやめた方が良いようです。
頬は紫外線で痛みやすいのに、チークブラシや化学物質で更に痛め付けると、シミの元だそう。
どうしてもつけるなら、パフでそっと、だそうです。


口紅には化粧品以上に有害。
唇を痛める習慣を見直し、口紅は特別な日の楽しみにとどめた方が良さようです。

クレンジングをとにかく止めればよいと思い、化粧がきちんと落ちているか気にしていなかった

これも、私の勝手な思い込みが原因。
宇津木先生の本には

"クレンジングを止めよう"

と、書いてありました。
それは、クレンジングを使わなくていい生活をする、という意味であって、
化粧を落とさなくてよい、なんてどこにも書いてないんですよね…。


この本でも、メイクをしたり、海のレジャーなどで日焼け止めを使ったら、純石鹸でしっかり落とすことが推奨されています。

"誤った肌断食による洗顔不足" から、
脂漏性皮膚炎になってしまう場合もあるそうです。


その他、この本のお勧めポイント

山口先生はシンプルライフ実践者のようです。

本の中でも、お化粧に限らず、
シンプルライフをお勧めされています。

ページ見出しで

"心がグラついたときは、どう生きたいかをイメージする"

とあったり、最終章のタイトルは

"本質を見極める知性をもつ"

だったり。

表紙の笑顔から、素敵な生活を想像してしまいます。

お子さんが2人いるようです。

女性の視点で化粧品を断つためのヒントがあります

宇津木先生の本も分かりやすかったですが、
山口先生の方がより具体的に教えてくださる感じです。

Amazonのレビューに、

ワセリンの量や、湯シャンのやり方の説明が、女性ならでは

というものがありましたが、その通りだと思いました。


この週末にもう一度読み直し、
肌断食のリベンジをしたいと思っています。

うまくいけば年末には結果を出せるかも…?
と、自分にプレッシャーをかけてやってみます。


長文、お読みいただきまして、ありがとうございました。

化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた

化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた