読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

長男は足し算をトランプで覚えました。

育児のこと。

こんにちは。

育児のことばかり書いておりますが、
今日は「算数は得意だもん」と言い張る長男が足し算を覚えたときの話を書きます。

数字が読めるようになったらトランプゲームはお勧めです

長男が年中クラス(4~5歳)の時に、保育園でトランプが流行していました。

定番のババ抜き・ジジ抜き、7並べ、神経衰弱など、数字が読めるようになって、順番も認識できるようになると、こどもたちはお兄さんになった気分でトランプゲームが楽しめるみたいですね。

お友達と、ルールを守って、順番を守って、なおかつ勝てるように考える、というのは中々よい知育なのかもしれません。

なので、トランプが流行ったのはよいのですが、
保育園で流行り出すと家でもやりたがりますよね。
「いっぱい練習して、○○君に勝つ!」
というつもりなのか、
「トランプでお父(母)ちゃんに勝てるかも」
と思うのかわかりませんが、
やりたい、となると、いつでもどこでもどんな場面でもやりたがるのがこどもなのです。

寝る前でも、朝の登園前でも、
やりたい、と思ってしまうと付き合わないと不機嫌になるので、中々厄介です。

うちの場合、長男が4~5歳だと、次男は1~2歳。
神経衰弱や7並べなんて、やろうものなら、
並べたそばから全てめくり、カードを食べ、折り曲げ…となりますし、
そうなると長男が泣き叫んだり次男に攻撃しかねませんから、
大人が2人いるときでないと少し難しいです。
また、2~3人でやってもあまり面白くないし、時間もかかります。

うちでやっていたトランプゲーム

ある日、ユッキー(夫)が
「じゃあ、ブラックジャックをやろう」
と言い出したのがきっかけで、うちの定番ゲームが決まりました。

ブラックジャックのルールおさらい
  1. ジョーカーを抜いた52枚を使う。
  2. エースは1または11として使える。絵札(ジャック~キング)は10として使う。
  3. 親(ゲームの「親」です)が、1枚目は表を見せ、2枚目は裏返して見えないように配る。
  4. 足して21になるよう、手札が足りなければ追加で引く。
  5. 21より大きくなったらドボン(負け)。

という感じ。

狭いスペースでもでき、次男の妨害を受けにくく、1ゲームがすぐに終わります。2人でも問題なし。

足し算ができないこどもと一緒にやるときの特別ルール
  1. 基本のルールと同じように配る。
  2. まずは大人が手札の追加等を終了させる。
  3. 大人が終了したら(結果はまだ内緒)こどもの手札を全員に開示する。
  4. 2枚の合計をこどもに教えてあげて、手札を追加するかこどもに決めさせる。
  5. こどもが終了したら大人の結果を見せあって順位を決める。

例えばこどもの手札が9と7だった場合、
「2枚で16だから、もう一枚引いたときに1~5だったら21まででセーフ、6より大きかったらドボンだよ」
と、解説して、手札を引くかどうか決めさせます。

ブラックジャックで足し算と確率と戦略的な思考を学べる(笑)?

最初の頃は2枚で19とか20でも「もう一枚」と言います。どうしても21にしたいんですよね。
でも、たいていはドボンになって勝てていたはずの18の人にも負ける。負ければ泣きます。

泣いた長男に向かって、ユッキー(夫)は、
「相手の手札を考えないと勝てないよ」
「1枚目の数字を見て、何枚持っているか見て勝てそうかどうか予想するんだよ」
「引いたときに1や2がくる確率は低いんだよ」
と、説明してもう一度やります。

数回やっていると、同じカードの組み合わせが出てきて、
「9と7だから16だ~」
とか、
「16だから、あと5がくればいいんだよね!」
とか、言い出します。
一桁同士の足し算は、これで覚えました。

ブラックジャックは手札の運で勝敗が決まるので、こども相手でも手加減なしで対等にできます。こどもが勝つまでゲームを終わりにできないので、適度に勝てるのも夢中になれた要因だと思います。

算数が得意だもん、と思えるようになる(実力は別)

こどもは何か覚えると、覚えたことを自慢したがります。

無意味にデジタル時計の数字を足したり、電話番号を足したり、
とにかく目に入る物を足し算せずにはいられない病にかかり、ブツブツ言っていると、周りの優しい大人たちが褒めてくれますから、
俺って頭いい~♪
と、自信を持つことができます。

実際のところ、長男の算数は普通です。小学1年生の9月にはほとんどの子が足し算も引き算もできています。かけ算やわり算ができるわけでもありません。
でも何となく、本人の自信だけは育まれました。

ささいなところで自尊心は育まれたり潰れたりするものだな、と、長男を見て思います。
算数だと多少間違えても、俺は算数が得意だもん、とすぐに立ち直れるのですが、
国語の作文で助詞を間違えただけでいつまでも凹んでいたりします。

根拠なく、自分はすごい!という全能感というか自尊心というか、そういったものを持つことで、自分を信じて色々なことに挑戦できるエネルギーになっている気がします。


算数が得意ってことは、きっと頭がいいんだよ~
長男くんは賢いから~

と洗脳して、算数以外にも自信を持ってもらおうとしていますが、どうなるかしら。


秋の夜長にトランプ遊びはいかがですか?
今のうちでのブームは学童で教えてもらった「大富豪」と次男も参加できる「ジジ抜き」です。

長文お読みいただき、ありがとうございます。