読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

所有物の見直し、10種類手放す(制限時間60分)。

整理整頓。

こんにちは。

ただいま絶賛断捨離中!
(過去記事→コツコツ、所有物と向き合います。 - 適度に、適当に。)

の、はずが、うまく行っておりません。
日々の雑務を言い訳に、現状に甘んじています。

ですが、本日、この記事を拝見しまして。

すでに片付いている方が、サラッと10個手放せるのに、私ができないはずはない。

きっと私がやると1ヶ所で10個は出てきてしまうので、10種類(箇所)見直してみたいと思います。
でも時間がないので、制限時間は1時間でやってみます。
※本日の記事は写真が多めです。

1.ダイニングとキッチンの間のカウンター下収納の中(薬類)。

ここです。

ここには、処方薬、市販薬など家族四人の薬と体温計、絆創膏などが入っています。
大きな薬箱のような引き出しです。薬屋さんが開けそう。

家族に聞きながらチョコチョコ抜き作業。
記名されていない塗り薬だけでこれだけ。

その他、写真にとれなかった塗り薬類、古い処方薬、使用期限の切れていた市販薬などビニール袋1個分抜いて、

なんとか、引き出し1つあけました。

2.キッチン(割り箸、使い捨てスプーンなど)。

キッチンは毎日、いらないものは?という目で見ているので、私には難易度高めでしたが、
こんなにありました。

お掃除用に少しだけ残して捨てました。

3.お風呂(バスマット)。

こちらの4枚を処分。

バスマット自体を断捨離、は、できていません。

新築祝いでこちらをいただきました。

珪藻土のバスマットです。

これだけで足りてしまい、布製のバスマットは使うことがなくなってしまいました。

4.洗面台(アイロン用のスプレー)。

なぜか2本、同じものがありました。

どちらも甲乙つけがたく古い。アイロン苦手です。

面倒で、アイロン本体のスチーム機能しか使いませんが、一応、一本残して一本捨てます。(自分に甘いです…)
捨てる物の中身はウェスに吸わせて燃えるごみにしました。

5.洗濯機上(襟袖汚れ用洗剤)。

ここ数年、使いもしないのにおいてありました。

実家で使っていたので必要だと思っていたのです。

こちらがあれば不要。

粉洗剤を付けて、ブラシでこするか、洗濯板に当てる方が落ちる気がします。
長男の靴下を白くする方法を模索中です。

6.化粧品類(口紅おさえ紙)。

ここも先日、片付けたばかりなので、ないと思っていましたがありましたよ。

お土産でいただいたもの。口紅をやめたのに、まだ置いてありました。
いただきものは残る傾向があります。

7.子供の洗面用品(リップクリーム)。


昨年、唇が荒れてしまった子供に買いました。でもほとんど使わず。
もしまた荒れたらワセリンを塗ってみます。

8.子供のタンス(トレーニングパンツや靴下)


とっくに卒業しているのに、名残惜しかったのか、トレーニングパンツがいくつか残っていました。
そのほか、サイズアウトした靴下も。

9.テレビ台(幼児教材のDVD)。

おもちゃは本格的に手を付けたら一日がかりの大仕事になりそうでしたので、テレビ台に入っていたDVDだけ処分することにしました。

これを捨ててもまだたくさんあります。

月齢・年齢に合わない物、試供品類から、子どもに確認して順番に捨てていこうと思います。

10.自分のクローゼット(今年着なかった夏服)


まだ残っていました。
季節ごとに見直していく予定なので、本格的な秋や、冬になったら、きっとまた不用品が出てくると思います。

(番外編)捨てなかったもの。

私は香水をつけませんが、いただきものがありました。

処分…と思ったのですが、キッチンで処分対象の食器があったので、重曹を入れて、香水をふりかけてみました。

見た目は純和風ですが、バラの良い香り。
臭いが気になる場所で芳香剤代わりにしてみようと思います。

(まとめ)10種類手放した感想など

今日はとりあえず、1時間でやれるだけやってみる!と始めてみました。
写真を撮りながら、薬の引出しは10分、その他は1ヵ所5分程度で取り組みました。

取り組んだ感想としては、この作業、3周くらいは余裕でできるかも、という感触です。
まだまだ不用品のオーラがそこかしこから漂っている感じ。
10個(種類)出す、という目標があると、やらなくちゃ!と自分を追い込みやすい気がします。

1ヵ所たった5分でも、1つは捨てられる、とわかったのも成果です。
まとまった時間がない日でも、少しずつ進めることができます。

モヤっとしたときに、再チャレンジしてみたいと思います。


長文、お読みいただきましてありがとうございました。