読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

長男(小1)が自転車に乗れるようになりました。

こんにちは。

今月中に達成したかったことを1つ、シルバーウィークに達成できました!

それは、長男が自転車に乗れるようになるまで、練習に付き合うことです(とか言いながら、ほとんどユッキー(夫)に任せちゃいましたが…)。


長男の7歳の誕生日プレゼントに、うちの実家から立派な自転車が届いていたのですが、暑くて公園に持っていく気力がなくて、2ヶ月以上オブジェとなっていました…。

涼しくなったので、近所の公園で練習を始めました。

次男くらいの年齢(4歳)の子が何人もビュンビュンと補助輪なし自転車を走行するのを横目で見ながら、練習を続けること5日間、
何とか本日、初の公道乗車できました!
(* ´ ▽ ` *)

まだ一人では公道に出せませんが、実家に写真で報告できました、良かった。

練習方法

参考になるかわかりませんが、ユッキー(夫)が長男に教えていた方法を書いてみますね。

  1. バランスが取れるようになるまでペダルに足をのせず、両足で地面を蹴って進む練習。
  2. バランスが取れるようになったら、大人が介助して自転車を加速させ、より速いスピードでバランスを取る練習(まだこがない)。
  3. なだらかな坂道の上から下へ、高低差を利用してバランスを取る練習(ブレーキをさきに教える)。徐々にペダルを漕いでみる。
  4. 止まっているところから自分で漕ぎ始める練習(←今日はこれ)。

ペダルを漕ぐと肩に力が入ってハンドルからバランスを崩しやすいクセがあったので、まずは自転車に乗っている感覚を掴むよう、漕がずに坂や大人の力でスピードを出し、真っ直ぐ乗っている練習から始めました。

こどもの握力だとブレーキを握るのも一苦労なので、坂を利用するときにはブレーキの練習が先ですね。


次にスピードに乗った状態から漕いでみる練習。ハンドルを取られやすいのでまわりに注意です。

ここまでは初日にできたのですが、自分で止まっているところから漕ぎ出すというのが中々できず、今日ようやくコツがわかったようでした。



終わる頃には日が暮れてました。


横で次男は、しまじろうで見た正しいかけっこの仕方を再現していました。

体重は前にかけ、腕を後ろに引くそうです。
スローモーションのようだぞ、次男。


坂が多いので、公道はまだまだ心配です。
安心して送り出せるようになるのはいつかな…。


お読みいただきまして、ありがとうございます。
シルバーウィーク、終わっちゃう…( ;∀;)…楽しい5日間でした♪