読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

最大の魔窟、和室のオモチャ収納に挑み…。

こんにちは。
シルバーウィークが終わってしまいました。
今日、久し振り過ぎて仕事をきちんとできるか、とても心配。体調は良いので大丈夫でしょうか。


さて、
シルバーウィーク=お片付け強化週間だった夏子家ですが、手をつけたら絶対に1日では終わらない魔窟にも挑んでおりました。


和室のオモチャ収納です。


引っ越し当初から、とりあえず放り込み、「こどもたちに管理を任せる」と言い訳して手つかずの場所。
引っ越しの時にもこどもたちを実家に預けて作業していたので、要・不要の判断をしないままに連れてきてしまった物も多数ありました。


いとこのたっくん(仮名、1歳)を口実に
「たっくんにあげたい赤ちゃん用のおもちゃを選ぼう」と押入れに詰め込んだオモチャを全部出し。
出すだけでくじけそうになる量でした…。

押入れの反対側の壁の右手に「たっくんにあげる物」、左手に「まだ使いたい物」、中央に「壊れたりしてたっくんにはあげられないけど使わない物」と決めて仕分けスタート。同時進行で、私はキッチンの配置替え作業をしておりました。
過去記事→キッチンの強制配置替えを決行しました。 - 適度に、適当に。

15分すると「おかあちゃん、終わったよ」と長男がやってきました。

早。


案の定、ほとんどのおもちゃは最初の位置から動いておらず。
それどころか、次男がプラレールとレゴブロックを組み合わせて和室の真ん中で遊び始めていました。

優等生の長男君、マイペースの次男君の図。


じゃあ、プラレールとレゴブロック以外のおもちゃを分けようか、と3人で作業再開。
と、思いきや次男離脱。プラレールを持ってリビングに行ってしまいました。マイペースだね!

うらやましそうにしているので、優等生の長男君にも「次男君と遊んでおいで」と声をかけ、こどもの自主的お片付けは撃沈しました。

何だろうなあ、声掛けの仕方が下手なのかなぁ。それとも和室が魔窟すぎるのか…。


和室中にオモチャをばら撒いたままにもしておけないので、既に仕分けが終わったもの以外は、もう一度仮に収納。
仕分けでいとこにあげる、となったものから状態の悪いものは処分。


結果、こうなりました。


あげるもの


処分するもの


60L位の体積は放出できたでしょうか。
まあ、やろうと思っただけ偉いよね。取り組む気持ちを自分で褒めてあげなくちゃ。
でも、今後ますます手強さが増した気もいたします。


さて、うちの魔窟。片づけ後の様子を少しだけお見せします。


こちらです。

押入れの下段の一部です。左奥にはシーズンオフの布団があります。写っていませんが、上段にも少しオモチャがあります。


そして、ごみ袋に入れようとしたところ、兄弟の猛反発を受けてオモチャ箱に戻ってきたのがこちらです。

ぼろぼろですが、剣なのだそうです。
ラップの芯と段ボールの空き箱はいつも取り合いになります。


まだまだ魔窟と共存していくことになりそうです。


本日もお読みいただきまして、ありがとうございます。
\(´▽`)/