読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

dマガジンの31日間無料会員になっています。

こんにちは。

連休ぼけで通勤して、何とか土曜日、今日もだらだらのんびりしています。
まったりとした休日の午後のお供に、dマガジンの無料会員をお試し中です。

dマガジンとは

dマガジンのdはDOCOMOのd。ドコモがやっている雑誌読み放題サービスです。ドコモユーザー以外でも簡単に無料会員になることができました。

月額432円(税込)で150誌が読めるそうです。
なんで試してみたかというと、「スタッフおすすめ記事」に
「気分すっきり☆お片付け」という、いろんな雑誌のお片付け記事だけを集めた特集があったからなのです。

スタッフおすすめ記事は、一定期間で変わってしまうようなので、片付けに特化しているわけではないのですが、
前から試してみたいと思っていたので良いチャンスでした。

私は普段は雑誌を買いません。雑誌は回転が速く消耗品というイメージで、消費してすぐに紙ごみになってしまう気がするからです。
好きな雑誌を定期購読していた時期もありましたが、最近は病院の待ち時間や美容院で読むくらい。
たまに読むと面白いのですが、買おうと思うことはあまりありません。

dマガジンなら雑誌1冊分のお値段で読みたい雑誌が複数あるし、紙ごみが増えないし、いいかも♪と思って始めてみました。

dマガジンで読んでいる雑誌

ESSE、サンキュ、Mart
クロワッサン、オレンジページレタスクラブ
GetNavi、CASA、CREA

などなど。
「雑誌から選ぶ」以外に「記事から選ぶ」ではジャンル別に美容、料理、グルメ、ファッションなど、雑誌をまたいで特集を見ることもできますし、
わたしがつられた「気分すっきり☆お片付け」のように、特集記事を色々な雑誌から抜粋してくれるので、興味がある記事を見つけやすい仕組みになっています。

普段書店では手に取らないような雑誌をふと読んでいたりもします。

今日もツイッターから、2週間前に発売された女性誌にミニマリスト特集があったことを知り、「女性自身」を初めて読んでみました。
特集記事以外は気軽に読み飛ばせるのもいいですね、この雑誌だけを購入したとしたら、面白くなさそうでもとりあえず読まなくちゃもったいない、と思ってしまうところ。

読むつもりがなかった記事がたまたま目に入って、「クリアブック式『1行家計簿』」という家計簿のつけ方にも出会えました。1日1行だけつける家計簿です。

キャッシュデータで外出先でも読める

雑誌データは画像なので、一つの雑誌を読むのに50MBくらい使っているようです。
なので、私は自宅でのWi-Fi接続のみで使う設定にしています。

設定画面で「ダウンロード」を選び、ダウンロード方法を「バッググラウンドダウンロード」としておくと、読みたい雑誌を一度開けばキャッシュデータが残りますのでオフラインでも見ることが可能です。
キャッシュデータは一つの雑誌ごとに削除可能なので、読みたい雑誌を持ち出す感覚で楽しめます。

スマホよりタブレットで読むのがおすすめ

うちにはタブレットはないのですが、1契約(ID)で5台まで見ることが可能なので、スマホタブレット、家族のスマホでも楽しめると思います。
一応公式にはPCでは見られないことになっています(PCでスマホアプリが使える設定にすれば使えるようですが試していません)。

正直、スマホで見るには、文字を読むために、いちいち画面の拡大が必要で煩わしいです。
でも解像度が高いのに画面が開くのにストレスとなるほどの待ち時間はないので、まあこんなものかな、と思っています。

紙の雑誌で見られてもdマガジンで見られないページは結構ある

写真をWebに出さないアイドルの方々が載っているページは、灰色に消されています。人の形に灰色になっている時もあるし、写真そのものが灰色の時もあります。
なので、週刊誌とかで写真を見たいような方には向かないのではないかと思います。
今日読んだ女性自身は表紙が灰色でした(笑)。
広告ページなども省略されているようです。元データと比べていないので何が省略されているかいまいちわからないのですが、流し見している私には特にデメリットではないかな。

クリッピングサービス不対応のページが結構ある

これいいな、読み返したいなと思ったページを「クリッピング」しておけるサービスがありますが、結構不対応のページがありますね。
主に片づけとかライフハック、レシピについて、お!と思ってクリッピングしようとすると、「対応していません」ということが多い。
たまたまかもしれませんが、興味のあるページが一枚もできなかったので、もうこれは私にとっては使えない機能なのだな、と認識しています。

解約の仕方について

無料期間が終わったら解約するかもしれないので、解約が面倒ではないか調べておく方がいいと思います。
よくある質問から引用すると、

dマガジン・サイトの「会員登録/解除」のページからお手続きください。dマガジン・アプリのメニュー「アカウント情報」内に「サービス解約」が表示される機種の場合はそちらからお手続きいただくこともできます。
ただし、ドコモのシステムメンテナンスにより一切のオンラインお手続きができなくなる日時もございますのでご注意ください。メンテナンスについては、このページの上部にあります「メンテナンス情報はこちら」をご覧ください。

とありました。私のスマホからは”「アカウント情報」内に「サービス解約」”はありませんでしたので、サイトから手続きの必要がありそうです。

試しに開いてみたところ、引きとめページが1ページあり、「継続する」をクリックすると解約に当たっての規約の確認画面となりました。
次の画面に進めば解約できそうです。

総合的にはお得なサービスですが続けるかどうか迷っています

デメリットらしいデメリットがあまりなく、活字好きな方にはお得なサービスだと思います。
ただ、私は継続しようか迷っています。
雑誌は読みたいし、サービスも気に入っているのですが、どうしてもスマホを触る時間が長くなってしまうんですよね。
少し手持無沙汰だと、つい手に取ってしまう。

本も読みたいし、映画も見たいし、1人で何かできる時間は限られていて貴重なので、その時間を雑誌に使うかどうか、っていう選択の問題です。
読み放題っていうのがお得なようで、つい読まないでいいものまで読んでしまったりするのが無駄な気もしたり。

でも自分では手に取らない雑誌と出会えるチャンスでもあるので、迷うなあ。
とりあえず、1か月課金で楽しんでみようかと思います。無料の時とは心境の変化もあるかもしれませんし。

 * * *
ご訪問いただきまして、ありがとうございます。