適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

うちの働き者2(コードレス掃除機)。

みなさま、こんにちは。夏子です。
大荒れのお天気、心配です。

今日は、久しぶりに有給休暇を取りました!保育園児の次男と2人で、まったりしています。
長男は「僕も休みたい」と凹んでいましたので校門まで送っていきました。長男君、ごめんね。

有給休暇をとったのは、午後から私の実家に帰省するためなのです。
そのため、明日・明後日は初めて予約投稿を利用して更新する予定。うまくいくとよいのですが。


さて、せっかくのお休み。午前中は洗濯と掃除くらいしか予定がないので、余裕があります。
天気も回復してきたし、片づけ日和になりそうな予感。

コードレス掃除機は育児中の方に特におすすめです

掃除というと、欠かせないのがこの子です。

言わずと知れた、コードレスクリーナーの王道、マキタさん。
JRの清掃員さんが使っていることでも有名です。

購入履歴を見たら、2012年の2月に買ったようです。3年半か、もっとずっと前から使っていたような気がします。


この子が来てから、掃除への取り掛かりが劇的に変わりました!


それまで、掃除機での掃除は週1やればよい方だったのですが、次男がハイハイを始めた時期で、長男はぽろぽろ食べこぼすし、重たい掃除機を抱えてあっちこっち掃除して回るのは苦痛以外の何物でもない。復帰前になんとか掃除を楽にできるようにしなくちゃ!
と、コードレス掃除機の導入に至りました。

結果、買って大成功。子供がパンくずをまき散らしても、全然イライラしなくなりました。
コードレスのいいところは、出してくる→吸う→片づけるの一連の動作がとてもスムーズなこと。汚い、と思ったらすぐに吸い取れます。
本体も片手で楽々持てる重さなので、よく使う場所に立てかけておいて、サッと取り出すだけ。

コードのある普通の掃除機を、押入から出し、コードを引き出し、電源に差し込み、ホースを伸ばし、吸い取った後、ホースを縮め、電源を抜き、コードを巻き取り、押入まで運ぶ…。

朝の出勤前、忙しい時間、私には絶対に無理です。コードレスなら1~2分あれば全てできちゃいます。

家庭内の平和と清潔は、コードレスクリーナーが作ってくれています。
ルンバちゃんは使ったことがありませんが、きれいになるまで少し時間がかかるようなので、とりあえずマキタさんで満足しています。

マキタにした理由

各種メーカーから色々出ているコードレス掃除機で、特に安くもなく、特に吸引力がすごいわけでもないこちらの掃除機をあえて購入したのは、

充電時間が短く、稼働時間が長いから

に尽きます。


うちにある機種は、22分の充電で20分使えます。

こちらの充電器にバッテリーを付け、電源コードに差します。

当時調べた時には、充電に数時間かかる物が多かったです。

私の性格だと
「さあ、掃除しよう」と思って掃除機を手に取り、
「しまった、バッテリー切れだ…」と、なっても、20分なら待てます。他の掃除や洗い物などしていればすぐです。
でも、数時間かかったら、重い方の掃除機を出してくるほかなく、面倒くさい、となって使わなくなるのが目に見えています。

実際、毎日使っているので、「あ、充電足りない」は4~5日おきくらいに来ます。
そんな時でもストレスなく充電できるので、本当にこの点は強調しておすすめいたします。

フィルタは紙パックがいいと思う

購入してから、一つ失敗したな、と思ったのは、フィルタを紙パックではなくて繰り返し使う不織布タイプにしてしまったこと。

マキタ クリーナー用フィルタ 10枚入り A-50728

マキタ クリーナー用フィルタ 10枚入り A-50728

使い捨てより経済的かな、となんとなく思ってしまったのですが、フィルタの掃除が結構面倒です。

こちらのフィルタをプレフィルタに差し込みます。

そして掃除機に装着。

気休めにティッシュを挟んでいます。

このフィルタが詰まると、吸引力が結構落ちるんです。
なので、ゴミ捨てのストレスと、フィルタのお手入れストレスを考えたら、紙パック式にすれば良かったかなあと思います。


あとは、上の写真のティッシュと吸い込み口の間にゴミがたまる仕組みとなっています。
ゴミのほとんどはワタぼこり。捨てる時には周囲に注意が必要です。失敗すると掃除機の中のごみをまた掃除する羽目に…。


非常に汚画像なのですが、フィルタ自体も何度か洗っているとこうなります。


※一応これでも水洗い後の様子

このように洗っても黒ずみが取れなくなったら新しいフィルタに交換しています。

購入を検討される場合にはスイッチの形に注意

マキタの掃除機、安い物から高いものまでいろいろ出ているようです。
私が持っているのは14.4Vで3.0Ahと書いてあります。紙パックではなくて不織布フィルタ、スイッチはワンタッチ型です。

充電器こみで、当時は30,000円を少し切るくらい。高かったです!よく決断した、私。

バッテリーの容量が変わると、充電時間と稼働時間が変わります。容量が大きくなれば充電に時間はかかっても稼働時間が長くなります。
電圧が高い方が吸引力も高いと思います。バッテリーも私が持っているのはリチウム電池のものですが、それ以外もあるようです。

スイッチの形ですが、私はオンを押して起動し、オフを押して切る、ワンタッチ式のスイッチにしました。
他に、トリガー式とスライド式があるみたい。
トリガー式とはその名のとおり、銃のトリガーのようなスイッチで、握っている間だけ通電する仕組み。

握力のない私は、掃除の間中、握っているのは辛そうだな、と思ってワンタッチタイプのスイッチにしました。

なかなか近所の電気屋さんでは見かけないので、参考になれば幸いです。


 * * *

長々と、マキタさんへの愛を語ってしまいました。
お付き合いいただいてありがとうございました!


もう一人の働き者。
過去記事→うちの働き者。 - 適度に、適当に。