読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

復活!気分が天気に左右されることを認識する。

つぶやき。 健康のこと。

みなさま、こんにちは!夏子です。

復活しました、気分爽快です。


夕方の公園です。人がいっぱい。

気分の落ち込みから復活しました

朝、起きた瞬間に、今日は行ける!と思い、

たまった洗濯物を片付け、
布団を干して一通りの掃除をし、
クローゼット整理の続きをし、
こどもたちが公園に行ったすきに、家族の下着やパジャマを仕入れてきました。

またこんなに出してしまいました…。
小さい方が子供服、大きな方は半年間使わなかったバッグ、夏物です。

今回落ち込んだ、原因分析

先週は実家に帰省して少し疲れたところへ、職場で大きなトラブルが発生しました。
私は特にトラブルには関係はなかったのですが、職場全体が異様に張り詰めた雰囲気だったので、つられてしまいました。

金曜日までは何とか保っていましたが、土曜からの雨と長男の体調不良で凹んでしまったようです。


過去記事→落ち込んだ時にやることを10個書き出してみる。 - 適度に、適当に。
どうやって浮上しようかなぁと思いながら
こたつで暖まりながら画集を眺めたり、テレビを見たり、
長男と次男を順番に抱えたり。
そのあと、お風呂にゆっくりつかって眠りました。

落ち込む時に気を付けていること

自分はよく落ち込みます。
長い付き合いなので、落ち込み始める時には、ああ来たな、とわかります。


こういうものは大人になって、
結婚したり、こどもを生んだりすれば治るものと思っていましたが、私の場合はあまり関係ありませんでした。
気分が落ち込むと、たいてい体調も崩すので、弱いなぁと自分でも思いながらも、休息を取って治してきました。

落ち込んだ時にはヒステリーを起こしがち

落ち込む時に気を付けるのはヒステリーを起こさないことです。
落ち込んでいても家族は許してくれることが多いですが、
ヒステリーを起こすと家族に迷惑ですし、こどもには悪影響しかありません。

落ち込みもヒステリーも原因は同じ

エネルギー不足になると、前頭葉の働きが鈍り、些細なことでイライラしやすくなり、どうでもいいことで凹み、「箱」に入りやすくなってしまいます。
過去記事→本「自分の小さな『箱』から脱出する方法」を読み返しました。 - 適度に、適当に。

箱に入ると被害者意識に取りつかれます。

落ち込む→「箱」に入る
の図式をあらかじめ自分で自覚しておくと、家族と喧嘩になることもなく、その後の対処がとても楽になります。

今回の反省、雨の日は意識的に体を動かす

今回の反省としては、気分が天気に左右されることについて、自覚が足りなかったな、と思いました。

元々雨が降ると頭痛など、体調が悪くなります。

気圧のせいもありますが、太陽の光を浴びることによる気分の底上げがないのも原因です。
また、雨になると室内に閉じ籠りがちで、運動量が足りないことも原因なのではないか、と思いました。

普段、通勤などで1日1万歩は歩いています。駅や職場では、混んでいるエスカレーターは使わず、階段を小走りで移動します。

でも、土曜日曜とほとんど歩かないで過ごしていたため、雨に加えて運動不足で血流が滞っていたのがもしかしたら一番の要因かもしれません。
お風呂につかってだいぶ回復した気がします。

回復期にもヒステリーには注意

どんだけヒステリックな人間なの、と思われそうですが、落ち込みからの回復期にもヒステリーを起こしがちなので気を付けています。

回復した、頑張るぞ!
と、エネルギーの充填を待たずに動き始めてまた疲れてしまい、「箱」に入ってしまいがちです。
そのため、自分の体調と相談しながらウォーミングアップしています。


* * *

昨日の午後から長男の体調も戻り、午後はみんなで公園で過ごしました。
爽やかな陽気で人出も多かったですが、3日間分たっぷり遊べてこどもたちも楽しそうでした。

こういうことがあると、本当に自分は大人げない人間だなあと思いますが、中々変えられるものでもありません。
性格は変えられなくても、変えられる部分は変えて、毎日楽しく暮らせる工夫をしていきたいなと思います。


長文お読みいただきまして、ありがとうございます。
(*^-^*)