読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

着る服がない、と思ったけれどすぐには買わないで考えてみる。

つぶやき。 買い物。

こんにちは、夏子です。

週の真ん中水曜日。このところの乾燥で喉がやられ気味です。


さて。
週末にクローゼットの整理をいたしました。

ああ、これ以上捨てられない、と毎回思うのに、次に見直すとまだまだ出てくる不思議なクローゼットです。
ドラえもん的四次元空間に繋がっているのかもしれません。


涼しくなってはきたけれど、関東はまだニットを出すには早く、昼間は半袖でもいいかな?という日もまだある気候。

いったい何を着れば良いのかわかりません。


自分のクローゼットはハンガー収納の下にフィットケースを並べています。

基本的にオールシーズンの服が入っているので衣替えはやらないのですが、取りやすい位置と取りにくい位置があるので、クローゼット内での配置替えをしてみました。

配置替えをしながら、着る服がないなぁ…と思ってしまいました。
おかしいですよね。

完全に矛盾しているので恥ずかしいのですが、ご説明しますと、

  • 秋冬物は配置替えが必要な位には持っている
  • 残っている秋冬物は今回断捨離対象にしなかった物たち→気に入っているor活用しているはず
  • 着る服がないなぁと感じる→残した服は着る服じゃないの??

という状態です。


自分の中では

着る服=着るとテンションが上がる服

なんですよね。
ここ数年で着たい洋服について考え方が変わってきているのが原因です。

長男が生まれてから、仕事服と休日服をあまり分けていませんでした。おんぶ紐で子供を背負って自転車に乗れる服で通勤したいし、保育園の荷物で手一杯なのに仕事服を持ち歩くのも現実的ではありません。

そのため、中心はニットアンサンブルや、カーディガンに綿のカットソーなど、シワになりにくく気を使わない服ばかり。ボトムはパンツ、足元はスニーカー(職場では黒サンダル)と、全然大人らしい美しさがありませんでした。
しかも、時間がないからと通信販売で、試着をしないで買っているものが多かったので、なんだかしっくりこない物も多い。


4月から保育園の送迎に車が使えるようになり、仕事服について、内勤とは言え、大人らしく、もう少しきっちりしたいな、と思い始めました。

アトピーに似た肌荒れがあって足を出せないので、夏場はスカートを全く履きませんが、涼しくなってタイツも使えるのでスカートスタイルも取り入れたい。

出産で変わった体型も変動がようやく落ち着いてきたので、今の自分に似合う、今の自分らしい服をもっと着ていきたい。


自己診断はしてみたのですが、納得いかないウェーブタイプ。→ファッションナビでストレートの要素を持ったナチュラルと判明しました。

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則

骨格診断®とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則


問題は、自分にセンスの欠片もないことです!

ずっと避けてきたこの問題、年を重ねて「痛いオバサン」「残念な婆さん」と言われないためにも、ここら辺でじっくり取り組んでみます!


今の私にはdマガジンがある…苦手なファッション雑誌も読み放題です。
過去記事→dマガジンの31日間無料会員になっています。 - 適度に、適当に。


ブログで良いご報告ができるようにチャレンジしてみます(^o^;)

お読みいただきありがとうございます。