読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

毎朝の長男ファッションチェック。

育児のこと。 つぶやき。

こんにちは、夏子です。
ようやく金曜日。何だか今週は長いです。

ふうぅ。

あ、いけませんね。いきなりのネガティブオーラです。


さてさて。
秋冬物を整理したいのですが、どこから手をつけようかと迷っています。

過去記事→着る服がない、と思ったけれどすぐには買わないで考えてみる。 - 適度に、適当に。

売ったり捨てたりできないのなら、いっそ全部着てみよう、
と、先週から、順番に袖を通しているところです。

着た瞬間に、
「あ、違う」
と思う服は横へ避けておき、週末に処遇を考える予定。

久し振りに職場に着ていき、同僚に
「そのスカート可愛いね」
と、言われる嬉しい出来事も。


取っ替え引っ替え着始めて、恥ずかしながら、今まで

自分に似合う服は何か

という、基本中の基本を考えていなかったと気がつきました。


じゃあどうやって選んだかというと、

  • TPOに合っている
  • 快適(チクチクしない、キツくない)
  • シワにならない

という基準。
これらももちろん必要ですが、
これだけが基準では、家族にオバサン臭いと言われるわけですね…。


近々、印象診断に続けて、百貨店のパーソナルカラー診断と骨格診断も受けられそうなので、新しい服はそれまで買わずに、手持ちの服をより活用できないかしら、と、毎朝、鏡の前でバタバタとしております。

過去記事→ファッションナビで印象診断を受けました。 - 適度に、適当に。


そうこうしていると、
「それ、お母ちゃんぽくない、変」
とか
「それなら大丈夫」
とか、横から長男が指摘するようになってきました。

余談ですが、うちの子達は、2歳になる頃から、
「お父ちゃん」、「お母ちゃん」
と読んでいます。最近は
「お父(とう)」「お母(かあ)」と短縮されることもあります。何なんですかね、おかあ、って。


話を戻しますと、
長男に「なんか変」と言われた服は、やっぱり何だか変なのです。丈が合わなかったり、色が合わなかったり、ウエストがもっさりしたり。

長男はファッションに興味はありません。
次男の方が、小さな違いに気づいて、
「お母ちゃん、今日の髪可愛いね~」
とか言っちゃう、タラシ君タイプです。

なので、最初はびっくりしたのですが、
自分で鏡と相談するよりも、手っ取り早くて正確なので、
毎朝、長男のファッションチェックを受けることにしました。


ところで、お母ちゃんぽいって何?
と尋ねても、言葉数の少ない長男なので、あまり説明してはくれません。
そこは自分で考えろ、ということかしら(笑)


早いところ、秋冬の制服を決めてしまいたいのですが、まだまだ道のりは遠いです。
毎朝、長男の助けを借りながら、探っていこうと思います。


お読みいただき、ありがとうございます。
(*^^*)