読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

久しぶりの来客で、断捨離の進み具合を実感する。

整理整頓。

こんにちは、夏子です。
今日は久しぶりの来客でした。


関東地方、午後からは良いお天気でした。

特別な片づけはせず、来客を迎えられました。

ママ友がいない私。
職場でも個人的に職場外で連絡を取り合ったり、ご飯を食べに行くのはごくごく少数。

今日来てくれたのは、10年前に同じ職場だった方とそのご家族です。

気心は知れていますが、
新居に来ていただくのは初めてだったので、
来客が決まった時には、まず反射的に
「片づけなくちゃ!」と思いました。

来客があると前日は片づけに追われるのが通例だったからです。


そこで、ふと、部屋に目をやると、

「いつも通りの掃除をすれば、いいかしら?」という気になってきました。


もちろん、断捨離については道半ば。
まだまだ片付かないところはいくらでも目につきます。


でも、お客さまを迎えるにあたって、
以前のような、切迫した
「片づけなくちゃ!」は、ありません。

とりあえず、掃除機をかけ、拭き掃除をすれば
失礼に当たるものは出ていない状態にはなる。

おもちゃが散らかってもあまり気にならなくなりました。

我が家には、散らかし魔のこどもが二人います。


※過去画像。パジャマで遊ぶ次男です。

和室もあるのに、なぜかリビングでプラレールをやりたがり、こたつを占拠されることもよくあります。

この状態で、
せっかく作ったから壊さないで、と、
2日くらい放置されてしまったり。

さすがにこれでは掃除機はかけづらいですが、
以前ほど、おもちゃが散らかっていることに目くじらを立てなくなりました。

「お片付けしよう」と、
こどもたちが思えば、5分もあれば片付くことがわかっているからです。

何のために片づけるのか、と言えば、家族が快適に暮らすため。

こどもたちが管理しきれない量のおもちゃがあったり、おもちゃが収納に入りきらなければ、一緒に見直しが必要なとき。

普段は、保育園で鍛えていただいたお片付け能力で、こどもだけでおもちゃを仕舞います。
(保育園って、本当に偉大な存在です)

1歳半の赤ちゃんと遊びました。

本日のお客さまの中には、1歳半の赤ちゃんもいました。

歩けるのが嬉しいのか、
ママのところから逃げ出して家中駆けめぐる。
扉という扉、
引き出しという引き出しを開けて回ります。

長男や次男もこうだったなぁ~(*´ ˘ `*)
と、ほのぼのしました。

ほのぼのしながら、どこを開けられても、あまり気にならないことに、自分でもちょっと驚きました。

収納の中まで綺麗なわけではないです。

でも、以前のように、当日慌てて仮に仕舞ったものはなかったので、何が入っているか把握しています。
だから気にならなかったのだと思います。

たまの来客は家の点検に良い機会

今日の来客で、少しは片付けが進んできたのかな、と実感できたのは収穫でした。

また逆に、家族が
「お客さんが来ると掃除が行き届いていいね」
と言っていたので、掃除はもう少し頑張らないとですね。


人付き合いやイベントを敬遠しがちな自分ですが、客観的に我が家を点検するには来客も適宜お呼びしたいな、と思った出来事でした。


* * *

お読みいただきまして、ありがとうございます。
(*´∇`*)