読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

ブログ開設から5か月たちました。

ブログのこと。 つぶやき。

こんにちは、こどもの頃は母親に
「あんたはボーッとし過ぎ」と言われ続けた夏子です。

今日でこのブログ始めてまる5か月がたちました。明日から6か月目に突入です。
※ 後半、はてなブログ向けの記事です。

子供の頃からボーッとしていたらしい

母が今でもよく話すエピソードがあります。

小学校での最初の授業参観で、先生が実験道具を配布するから、教壇まで取りに来るように言いました。

席の近い子から順番に教壇の前に並びますよね。

母によると、
私は先頭にいても気づくと一番後ろに追いやられ、その後先生から道具を受け取っても、なぜか隣の席の子が壊したものと交換させられていたそうです。

「ほんっと(本当)、どんくさい子」
だったらしいです。

全く記憶にないのですけどね。
いじめられっ子でもなかったし。

ただ、自覚としては、先生や友達の言うことがわからない、というのはよくありました。
聞いていないわけではないのです。
耳には音が入るけど、脳みそに言葉として伝わらないことがある。

また、言葉として入っても、その意味がわかるのにも時間がかかることがあり、わかった頃には別の話題、ということもよくある。

勉強が特別できないわけでもないのです。
テストは文字で書いてあるし、考える時間がもらえるので対応できます。

でも、雑談の中で突然、
「じゃあ夏子ちゃんはどう思う?」
と、話を振られると、何がなんだかよくわからないことがあるのです。
他の子が答えはじめて、ようやく、
ああ、そういう意味なのか、とわかったり。

常にわからないならまだしも、時々わからなくなるのは厄介です。

すっとんきょうな発言をしてしまったり、
反対の意味にとらえてしまって失敗したことは数知れずあります。
空気を読まずに調子に乗りすぎたり。

人付き合いはかなり昔から「苦手」と放り投げていた記憶があります。

社会人になって人付き合いが楽になった

今でも本質は何もかわりませんが、
大人になればある程度、付き合う相手やシチュエーションを選べます。

一番苦手なのは気合と根性の体育会系のノリですが、好き好んで参加しようとしなければ、日常で出会うこともありません。

また、仲良くなろうとしない通常のコミュニケーションなら、たいていは定型化されているので対応できます。
定型化されたコミュニケーションなんて、相手には何の印象も残らないでしょうけれど、初対面の人に誤解で悪意を持たれるよりはずっといい。

少し仲良くなってくると、
必要以上に相手の顔色を気にしてしまったり、その前の話題を考え込んで話が飛んでしまったりもしますが、大人同士なので頭ごなしに否定されることもなく、意図を汲んでもらえるようになりました。

そういう優しい人だけを選んで仲良くしている、とも言えます。
生ぬるい世界でのんびり過ごせたことで、人付き合いへのイメージをだいぶ立て直せました。

今、挑戦しているのは、インターネット上のコミュニケーション

ブログも、ツイッターなどのSNSも、文字発信で抑揚がないし、相手のレスポンスがリアルタイムではない(ブログだと反応自体がないこともしばしばありますからね…)という点ではとても難しいと感じています。

誤字脱字は見直せば回避できても、同じ文字で違う意味に伝わることを完全に阻止はできません。

指摘いただければ気付けても、そのまま無視されてしまったら弁解の機会もありませんし、私の文章も色々とご迷惑をおかけしていることと思います。

見知らぬ方が指摘してくれることがあるのがネットのよいところでもありますね。
時には乱暴なやり方かもしれないけれど、間違っていることを間違っているよ、と発信してもらえるのはとてもありがたいこと。
現実世界では眉をひそめておしまい、ということが多いのではないかしら。

今週、思うところがあって「はてなブックマーク」のボタンを非表示にしていました。読んでいただいている皆様にお断りもなく失礼いたしました。
アクセス数は減っても気楽でこのままにしようという誘惑も少なからずありました。

ボタンがあろうがなかろうが、記事をブックマークすることはできますが、わざわざそんな手間をかけてブックマークしてくださる方はごく少数。
それをわかって外したのは、「ごじょ」に関わりたくないこともありますが、一番は、拡散とそれに伴い来るかもしれない批判が怖かったからです。

でも、やっぱり、発信だけして批判の機会を最小限に、というのはなんだか違う。せっかくブログを書いているのだから、親和性の高い方以外からの意見を頂ける機会は用意しておきたい。

ブログやブックマークに対する私のスタンスは以下のとおりです。

  • ブックマークは、後日言及するもの、出典を見失いそうなもの、拡散したいものに付けます。
  • 大量に付ける事故を避けるため、1ブログに対し、スパムを疑う余地のない上限を自分で設け守ります。
  • 読者登録は興味があれば相互登録しますが、登録数が増えて現在既にすべてを追えていません。
  • スターは不具合も多く、付けたり付けなかったり、数がまちまちだったりしますが、数にはあまり意味はありません。
  • 何か記事についてお話ししたい内容があればコメントかツイッターを利用します。時間制限やスマホ環境でうまくいかないなどの理由で見送ることもあります。
  • 批判はお聞きしますが、スパムや中傷と判断した場合には通報し、その後削除します。

なんだか偉そうに列挙してすみませんが、私に返報性は期待しないでくださいというお願いです(そもそもそんな方はいないと思いますが)。
ブックマーカーとしては、まだやっていく自信がありません。まずは自分のブログを書きたいという気持ちです。

これからもツイッターやコメントで突撃させていただきますし、読みたいブログを読みます。
この点は今までと何も変わりません。

ご縁あってお立ち寄りいただいたすべての方に感謝申し上げます。


勝手なことばかり書いて恐縮ですが、お時間がある時に今後もお越しいただければ幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
(*´ー`*)