読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

食材の買い出しスーパーを、たまには浮気した話。

お金のこと。 家事。

こんにちは、夏子です。

今朝の通勤路から。

草かな? 木? 紅葉していますね。


先日の三連休に、散歩を兼ねて、少し遠い場所のスーパーに出かけてみました。と言っても自宅から600メートルくらい。通勤路とは反対方向なので、入ったことがなかったお店。

以前にエアコン工事をしてくださった、
地元の電気屋さんお勧めのスーパーです。


普段は自宅近くのスーパーにしか行きません

この記事でも書いている通り、
最近は自宅から200メートルの通勤路上にあるスーパーでしか買い物をしていません。

小さいスーパーなので、品揃えもそこまでなく、値段も普通。

でも、お魚もお肉も鮮度が良く、
狭いから売り場もわかりやすいし、
普段の値段がわかるので予算が立てやすく、
商品がわかるから向かう途中に献立が立てやすく、
混まずに落ち着く。

定番のお店を決めてしまうのはメリットが多いと思います。ポイントも貯まりますし。

このスーパーが我が家の第2の冷蔵庫 兼 食品庫。繁盛してずっと営業してくれることを願っています。

久しぶりの「浮気」で気分転換

電気屋さんお勧めのスーパーに、散歩のついでに家族で入りました。久しぶりの「浮気」です。

近くに業務スーパーがあるので対抗しているのか、一キロ入りのお肉や10個入りのお野菜など、大きな単位の物も置いてあり目新しい。
普通サイズの品物もあります。

野菜も、お魚も、お豆腐などの加工品も、いつものスーパーには置いていない商品がいっぱいです。さすが、地元の電気屋さんがお勧めするスーパー。


三連休の初日だったので、あれも、これも、と3日分+αの食材を買い込み、いざ決済。
いつものスーパーでカゴ1つ分買うとおよそ5,000円なのですが、今回は4,000円以内におさまりました。

週末と平日でメインスーパーを変えてみる?

思ったより安かったので考えてみました。

いつものスーパーだと、例えば豚肉は特売でなければ100gあたり130~140円。
でもこのスーパーだと、休日は100gあたり98円のようです。

特売の日にたまたま当たれば安く買うけれど、平均130円とすると、こちらで買えば75%の予算で購入できます。お肉に限らずいつものスーパーより安めなので8割の予算で済んだみたい。

週末はいつも土曜~月曜の食材と調味料、乾物・レトルトのストック品などで、一週間の予算の半分を使います。
例えば、週末だけこちらのスーパーで買うとした場合、月の予算に直すと20,000円のところ、8割の価格なら16,000円で同じ物が買えることになります。
その他の日はいつものスーパーで20,000円。
40,000円→36,000円に削減できますね。

年の予算に直すと、
40,000円×12月=480,000円
36,000円×12月=432,000円
で、48,000円予算が浮きます。

計算遊びの理論値ですが、実現したら結構大きな金額ですね。

あんまり固定化し過ぎるのもつまらない

日常生活は、とにかく、時短と省力化にポイントを置いています。
同じ時間を使うなら、より効率的に。
同じことをするならより簡単に。

いつも行くスーパーを決めてしまうのも、特売情報を漁る手間と時間を省くのと、考えるのが面倒だから。

性格的に選択肢を増やすとそれぞれの選択肢を検討しつくさずにはいられないので、ここにしか行かなくていい、と決めてしまう方が多少の節約よりも楽なのです。

でも、引っ越したばかりで、そんなに行くのに遠くないスーパーを選択肢から外してしまったのは勿体なかったかも、と思いました。
安いだけではなく、食材の種類も選べて食卓が豊かになりますし。

外食のお店を積極的に探すように、普段の食材にももっと好奇心を持って探したほうが楽しいですね。

無駄遣いは掛け算で防止する

でも、安いから、とつい買い過ぎるのは逆効果。
安いスーパーでは、使える上限金額も下げてから行かないと余計な物を買ってしまいます。

4,000円で済んだから1,000円得したぞ、なんて思っていると300円のお菓子をカゴに入れてしまいかねない。その300円を許してしまうとどんどん自分に甘くなります。


無駄遣いの時によく思うのは、この無駄が年間いくらになるかしら?ということです。

一回には300円でも年間で50週繰り返せば15,000円になります。
その一回を容認したら年間15,000円の出費だとしても買いたい?必要?と考えると、うーん、と棚に戻すことができたり、できなかったり(←)。

実際には300円、400円、500円と無駄遣い予算がどんどん甘くなりますから、もっと大きな浪費につながります。

コンビニ浪費も掛け算でやめました

過去に、仕事帰りのコンビニでお菓子の衝動買いがやめられなかったことがありました。一回に使うのはアイス一個とかチョコレート一個とか、せいぜい150円くらいのものです。

150円でも月間20日繰り返せば3,000円。食べなくてもいい、身体に良くないものに使うよりは、美味しいランチを2、3回食べる方が健康的だな、と思ってからは立ち寄らなくなりました。

コンビニは買わせる工夫がいっぱいなので、入ると危険だからです(笑)。

まとめ

定番を作り、効率化。
たまに定番を崩し、冒険してアップデート。
これは、尊敬するミニマリストさんが仰っていた言葉で、最近良く考えます。

まさか食材の買い出しにも応用できるとは思いませんでしたが、食事は家族の健康の要。

食材選びが楽しければ料理も楽しくなりそうです。ついでにレパートリーを増やしたいな…。


ご訪問、ありがとうございます♪
(ノ´∀`)ノ♪