読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

先週末の家事の話。

家事。

こんにちは、夏子です。
今日で11月も終わりですね。

洗濯、掃除、片付けが好き。献立決めは嫌い。

コートが欲しいと思いながら、中々買い物に出かけられずにいます。寒いと外出へのハードルが一気に高くなる寒がりです。


土曜日は長男の授業参観があり、その後、買い出しに出かけて…と家にいられなかったので、日曜日は引きこもって溜まった洗濯物を片付けながら掃除と片付けをして過ごしました。

通常の洗濯物、シーツ類で洗濯機3回稼働。お天気で助かりました。


家事では、洗濯・掃除・片付けが好きです。
どれも成果が目で見てわかりやすく、完了すると満足感を得られるところが好き。

逆に嫌いなのは献立を考えること。
始めてしまえば料理も作業なのでそこまで苦にはならないのですが、何を作ればいいか、何をどれだけ食べればいいか、大事だと思えば思うほど苦痛です。


この本…良い本で参考にしていますが、私には難易度高いのです。このまま実践できれば胸を張れるのでしょうけど…。


一月ぶりに服の点検も

コートが欲しい。
ついでに、トップスもパーソナルカラーに入れ替えたい。

という物欲がフツフツし出したので、手持ちの洋服をたたみ直し、毛玉を取りながら点検しました。

過去記事→毛玉クリーナー買いました。 - 適度に、適当に。

毛玉取りも成果がわかりやすくて好き。


毛玉を取るのは結局生地を薄く削ることなので、だんだん生地が傷んできます。毛玉は取れても服がスッキリしなくなってきたら交換。オシャレにはなれなくても清潔感は欲しいアラフォーです…。


話はそれますが、
毛玉取りを始めると、

ジョリジョリ

というヒゲソリのような音がこどもたちを呼び込みます。何が面白いのか、毛玉取りの様子をそばでじーっと見つめる兄弟。


毛玉取りのほかだと、ミキサーや電動歯ブラシにも反応します。
男の子だからか、小さい子だからか、身近な機械に興味がある様子です。


毛玉取りで復活した服は、週末くらいは丁寧に畳んで、しまいます。処分に至る服は無かったけれど、今シーズンでおしまいかな、と思う服は数枚ありました。

片付け終わる頃には、欲しいトップスの色と形が決まりました。ジャストなものが見つけられたら入れ替えます。

最後にキッチンの配置をマイナーチェンジ

洗い桶と水切りカゴを使わなくなって3ヶ月以上が経過しました。

過去記事→絶対撤去できないと思っていた水切りかごをお試しで片付けてみる。 - 適度に、適当に。

お試しで、と夫に説明して始めたのですが、夫も水切りカゴがない作業スペースを気に入り、結局その後、一度も復活していません。

撤去前

撤去後(撤去直後の写真です)

夫の許可も下りたので保管していた水切りカゴと洗い桶を捨てることにしました。
それにともない、チョコチョコとキッチン内の配置をまたマイナーチェンジしました。


使い勝手は良くなったのですが、こちらも今回は処分するものが出ず。まだまだ収納に圧迫感があるのでどんどん減らせると思ったのですが、もう少し時間が必要のよう。

定期的に整頓しながら見直しが必要

最近は掃除→整頓とやってもなかなか物が減らせないことが多くなってきました。

開けると「ざわざわ」と聞こえる、物が多い、スッキリしない収納ですが、明らかな不要品だけは減ったのかもしれません。

次の段階に進むのに必要なのは、トキメキなのか、合理化なのか、はたまた思い切りなのか。年末までにもうひと頑張りしたいです。


減らせなかったとしても、持っているものをもう一度全て手に取ると、小さな発見があります。使っていないもの、使い心地が悪い物が場所をとっていると家事効率を下げるので、定期的な見直しが必要だと思いました。


とりとめのない、週末家事の話でした。
ではまた~。
ヽ(*´∀`*)ノ




*関連記事*