読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

12月が好きなこどもたち。

こんにちは、夏子です。
今日から12月ですね。

アドヴェントカレンダー

我が家のクリスマスらしい飾り付けは、今のところカレンダー2つだけ。

クリスマスツリーが欲しかったのですが、選ぶ気力がなく、まだありません。



赤い方はアドヴェントカレンダーです。
クリスマスまでを数えるカレンダー。

「1」だけひっくり返っています。


2年前に貰ったものに、お菓子を詰め直して使ってしまってます。前回処分しようとしたら、全力でこどもたちに止められてしまいました。
今年は中のお菓子を長男が詰め直し(ちょっとはみ出ているのはご愛嬌)。

このカレンダーを出すと、朝が苦手な兄弟が競い合って起きてくれます。早起きしたら中のお菓子を朝から食べられるからです。


アドヴェントカレンダーのことは10代の頃、この本を読むまで知りませんでした。

アドヴェント・カレンダー―24日間の不思議な旅

アドヴェント・カレンダー―24日間の不思議な旅

すごくワクワクした本。また読み直したい。

あの頃はあまり見かけなかったアドヴェントカレンダーですが、最近はメジャーになったのかな?クリスマス雑貨に混ざってよく見かけます。お菓子じゃなくてクリスマス飾りが出てきたり、仕掛けが楽しくてつい欲しくなってしまう。

図鑑のトラウマ

こどもたちは
「やった~12月だ~!」と言いながら起床。
「早くクリスマスにならないかな~」
とのこと。

クリスマスにはサンタさんが来て、
仮面ライダーのベルトとアイコンとバッグとプラレールのメガデカステーションとジェンガドンジャラと人生ゲームをくれるんだ~♪」
と次男が言っています。

「いやいや、サンタさん、欲張りすぎると来てくれないかもよ?」
「本当に欲しい物を1つだけお願いしないと、サンタさんが困って、また図鑑が来ちゃうよ?」
と話すと、
「ええ~どうしよう」
と悩んでいました。

図鑑、というのは2年前に長男が5歳の時、何が欲しいか聞いてもよくわからず、保育園で夢中になって読んでいたこちらをあげました。

ふしぎの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)

ふしぎの図鑑 (小学館の子ども図鑑プレNEO)

朝起きて、プレゼントが図鑑とわかった時のがっかりした長男の顔、撮影しておけばよかった(笑)。

あんまりがっかりしていたので、本当は何が欲しかったのか聞いたところ、こちらでした。

LaQ(ラキュー)2013 ボーナスセット

LaQ(ラキュー)2013 ボーナスセット

※こちらは当時のもの。今年のボーナスセットもあるみたい。

なので、
「サンタさん、長男君の欲しい物間違えちゃったみたいだからお父ちゃんとお母ちゃんからあげるね」
と、あらためてラキューを買いました。

この時のことが我が家ではトラウマになっており、こどもたちは、サンタさんに欲しい物を曖昧に伝えると図鑑になっちゃう、と思っています。

サンタクロース問題

私自身はキリスト教系の私立保育園で育ったので、小学校に入るまでサンタクロースは知りませんでした。
クリスマスというと、年長さんがイエス様のご生誕の演劇をして、みんなで賛美歌を歌う会。私は「見よ、あの星を」と、イエス様の降臨を予言する係でした(ちょい役)。

なので、サンタクロースについてどう扱ったらいいのか困っています。

煙突がないのにどこから来るの
どうやって欲しい物がわかるの
何でそんなにお金持ちなの(みんなにプレゼントをくれるから)

これらについて聞かれたら、
「お母ちゃんにもわかんないなぁ」
と言っていますが、いつ気づくのかな。
気づいたら傷つくのかな。

我々夫婦はクリスマスに年を取る

夫と私、二人ともクリスマス近辺の誕生日。クリスマスなんて、いつも誕生日と一緒くたで、なんだかウヤムヤにされた記憶しかありません。

しかも二人とも弟は11月生まれで、弟たちは11月に誕生日プレゼント、12月にクリスマスプレゼントを貰うのに、自分は1つだけしか貰えなかったところまで一緒。(上の子だけに何かあげると騒ぎになるので、クリスマスにかこつけて2回あげていたのだと思いますが…)

ケーキも「お誕生日おめでとう」ではなくて「メリークリスマス」になってしまったり。

誕生日の頃は既に冬休みで、学校で誕生会もしてもらえないし、みんなクリスマスに夢中で、親しい友達にもうっかり忘れられて「おめでとう」が年明けになって「明けまして」と一緒になっちゃう。
クリスマスを鬱陶しく思うのには十分な環境で育ちました(笑)。


でも、私達が出会った時、この話題で一気に親近感が湧いたので、今ではそこまで嫌いでもありません。(*´ー`*)

アドヴェントカレンダーでクリスマスを指折り数えるこどもたちを見ていると、クリスマス嫌いも克服しつつあります。

やっぱり、こどもたちと飾り付けを一緒にやってみたいので、遅ればせながらツリーを買ってみようかな。


こどもたちに感化されて、何となく12月というだけでウキウキしてしまう今日この頃です。


ヾ(´ー`)ノ




*関連記事*