読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

寒い朝、家事のやる気は取りかかりが肝心。

家事。

最近、皮膚科を変えました。
去年から出始めた湿疹が治らず、
10月頃からはたびたび蕁麻疹が出るように…。

若い頃はどちらかというとオイリーだった肌質が、最近はひどく乾燥するのを感じます。

新しく通い始めた皮膚科では、湿疹よりも蕁麻疹の症状を重く見ているようで、抗アレルギー系の内服薬を2種類、処方されて半月ほど飲んでいます。

花粉症の時にも飲んだことがある薬。
仕事をしていれば日中は大丈夫ですが、やはり少し眠気が出ます。


薬の眠気と冬の寒さで朝起きるのが億劫に

割りと朝はすっきり目覚める方ですが、
薬を飲み始めてからは、
起きるのがとっても辛い。
暖冬とは言え朝は寒い。
冬の寒さも相まって、布団から出られません。

朝が苦手、という夫はこの辛さを毎日味わっていたのか、と思うと優しくしてあげなくちゃと思う。それくらい辛いです。

でも朝起きなくちゃ始まりません。

眠いなぁ
お布団から出たくないなぁ
二度寝しちゃおうかなぁ

というまったり感が襲いかかりますが、
とりあえず布団から出ます。
そしてまず、珈琲メーカーをセットします。

この子はマイホームに次ぐ、今年のベストバイ。
愛してます。

好きなことを目的に、まずは体を起こす

こどもたちも朝は苦手そうですが、
今の時期はアドヴェントカレンダーがあるので、
「今日はひっくり返さないのかな~?」
と言うと飛び起きます。

私も、珈琲のためになら起き上がれました。

お気に入りの珈琲メーカーなのですが、
朝は夫と二人分+私が水筒で持っていく分を作るので満水になります。
満水での抽出時間はおよそ8分。
珈琲メーカーとしては長めの時間だと思います。

入れ始めるのが遅くなると、朝ゆっくりと飲む時間が削られてしまうので、美味しい珈琲のために!と起きます。

やり始めればやる気が出る、自分の特性を利用する

珈琲をセットしたら朝家事開始。
まずは珈琲が入るまでの8分でこれとこれを片付けるぞ、とやり始めます。

やり始めてしまえばこちらのものです。
不思議なものでどんなに億劫なことでも、始めてしまうと達成しようという気持ちになる。

以前に読んだ本にも、「やり始めないとやる気は出ない」とありましたが、本当にそう。

洗濯物は、乾いた後に取り込んで畳んでしまうのが面倒なのですが、1枚目のタオルを手に取ったら、後はいかに早く、いかにキレイに畳み、素早く終えるかということだけ考え始めます。

掃除機も、手に取ってしまえば、ホコリ退治で頭がいっぱい。

コンロ掃除はセスキをスプレーしてしまうと、溶け出した汚れがウエスに付くのが楽しくて仕方がない。

そうこうしていると、珈琲メーカーが8分の経過をアラームで教えてくれ、美味しい珈琲が出来上がっています。

面倒と思うとより面倒になる

始めてしまえばどうということもない、簡単なこと。むしろ小さな達成感のおまけまでついてきます。

でも、始めるまでがやはり面倒に感じてしまいます。

面倒だなぁ
やりたくないなぁ

と、思ってしまうと、どんどんやりたくなくなっていくもの。

ほとんどのことは、やり始めてしまえば、面倒だなぁと考えている数分間で終わってしまう簡単な家事です。考えている時間と憂鬱な気持ちに割くエネルギーがもったいない。

起床以外でもやはり好きなことに結びつけてとっとと済ませるのが勝ち。

この時期だと温かい緑茶。
お湯を沸かすためにコタツから抜け出し、
立ったついでにお湯を沸かしている間に家事を済ませてしまいます。


珈琲も好きだけど緑茶も好き。

たいていの場合、お湯を沸かしていることすら忘れて没頭してしまい(笑)、やり終えた頃にはとっくに電気ケトルが仕事を終えて適温まで下がっています。

それぞれの家事にいつもどのくらいの時間をかけているのか、暇なときに計ってみるとあまり時間がかからなくて拍子抜けするかもしれません。


やり出してしまえば大したことのないこと。
私の場合は好きなことで自分を釣って、取りかかっています。
私のような単純な方にはおすすめです^^。


*関連記事*