読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

2015年の家計振り返りと2016年予算決め。

と、壮大なタイトルをつけてみましたが、ちゃんと書けるかな。(と、言いつつ今日も長くなります)


昨年1年間の家計簿を締めましたので、振り返りながら今年の家計についてどうしようか考えます。


※収入を公開できないので、支出についても食費、日用品、お小遣いの部分のみ取り出しています。

※光熱水費については引っ越しのドタバタでアプリに付けていない費用があるので年計は省きました。今後、追記できたらしますね。


食費の結果と今年の予算

年末に散財した食費ですが、年間60万円を下回り592,409円と言う結果に。


実は、家計簿を見ながら重大なミスに気づきました。昨年、当初に決めた食費の予算は毎月40,000円だったようです!いつの間にか50,000円だと思い込んで昨年後半を過ごしていました。


言い訳をすると、4月に引っ越しがありまして、冷蔵庫やガスコンロが数日使えず自炊ができない時があったので、
「今月は5万円までは仕方がないな」
と、思った気がします。

引っ越し後もなぜか「5万円」と勘違いしたらしく、どうりで簡単に予算が守れるなぁと思っていたのですよね。


ただ、食料品については月4万円というのは無理なく、多少のこだわりも持て、自分にはちょうどいいかな、と感じていますので、ここはあまり削らずに、でもそのままもつまらないので、今年の予算は月38,000円にします。


削るべきはカフェ費!


夫や私個人の嗜好品などはお小遣いで考えているので、これは家族みんなで食べるおやつや飲み物代。お小遣い購入の分も考えると明らかに買い過ぎです。

家族にも協力してもらって、カフェ費は予算を守って健康的に暮らしたい。


40,743円と言うと月に3,300円使っていましたが、月2,000円までにします。まだまだ多いけれど守りたいので達成できそうな数字に。


外食は合計72,000円でした。
前半かなり抑え目にしたおかげで後半はリッチに暮らせました。美味しいものを外で食べよう、と思ったらそれなりにお金はかかるので、ここはそのまま結果を予算にしようと思います。

2016年食費の予算

  • 食料品…38,000円×12月=456,000円
  • カフェ…2,000円×12月=24,000円
  • 外食…6,000円×12月=72,000円

月46,000円、年間552,000円

課題はイベントごとに散財する傾向をどう乗りきるか。あんまり厳しくするとつまらないけど決めないと際限がない。


もう少し家族と相談しようと思います。

日用品の結果と今年の予算

日用品は家電や家具は含めない、消耗品費としています。こども関係とそれ以外に分けて管理。


消耗品は97,269円。月8,100円平均。
今年は引っ越して色々物入りでした。


大きな買い物はここには含めていませんが、布団の買い替えに伴ってシーツを買ったり、庭の土や植物を買ったり、というような細々とした出費が重なりました。

日用品は本当に必要なものだけを適正量買うことを徹底するのが目標。


こども関連は71,456円、月平均5,950円くらい。用途は洋服や学用品です。

ランドセルなどの大物は含めていません。
昨年は小学校入学で体操服や水着など、色々買いました。


今年は昨年ほどは使わないと思いますが、洋服はすぐに小さくなってしまうのでまた買わなくちゃいけなくなりますね。

どうせお気に入りしか着ないので、枚数は少な目に着倒していってもらおうと思います。


こども関連の予算は昨年実績と同程度に。
必要なものを厳選することに重きをおきます。

日用品予算

少し昨年実績より減らしておきます。

  • 消耗品…7,000円×12月=84,000円
  • こども…5,500円×12月=66,000円

月12,500円、年間150,000円。

消耗品の予算は、数ヶ月やってみて、少なくてすみそうなら後から下方修正するかもしれません。

お小遣いの実績と予算

お小遣い=夫と私が個人的に使うもの


美容院、服飾費、ランチ代、嗜好品、飲み会、整体…なんでもここに計上します。

と、言い訳をまず書いて、金額のインパクトを打ち消したい…。


この制度にしたのは昨年からなので、今回初めての決算となります。予算は二人合わせて年間50万円を目安に考えていましたが、二人とも大きくオーバーしました。


年間733,750円、月平均61,145円。


特に夫が多いのは、実はヒゲのレーザー脱毛を始めたからです。内容については詳しくわからないので割愛しますが、夏頃に始めて月に一回程度通っています。

前払いで148,000円。
これが高いのか安いのか私にはわかりませんが、夫は今のところ効果が出ているらしく満足そうなので、良かったな~と思います。

このエステ代を抜いて考えると、

年間585,700円、月平均48,812円。
一人換算で月に24,400円ですね。

夫は約29万円。私より6,000円安くなりました。


さらに言い訳を重ねると、

私のお小遣いは、これでもだいぶ安くなったのです。2ヶ月に1度美容院で染めていた髪を自分でヘナ染めするようになりました。

年間予算で言うと
5,000円×6回=30,000円から、
ヘナ代で1回500円×年18回程度で9,000円に減り、約-21,000円になりました。

最近はこちらを使用しています。


その他、
カイロプラクティックに交通費込みで5,600円くらい。珈琲豆に月2,000円、書籍に月2,000円前後。その他、飲み会、美容院(カットのみ)、洋服など。


うーん、やっぱり昨年程度には欲しい…。

お小遣い予算

この中におさめるぞ、という決意でこの金額でお願いします。←誰に?

  • 1月、1人あたり24,000円
  • 年間予算576,000円

食費より高い!

でも、あんまりネガティブなことを言うのは良くないですね。お小遣いという名目がダメなのかしら。お小遣いの中でも必要経費と娯楽費に分けようか、今後の検討課題とします。


お金は楽しく使わなくちゃ、ですね。

まとめ

年間予算って、たてるのが難しいですね。
100円のお菓子を買うのにも迷うのに、1年って…。


ここに書いていない項目でも、

こどもたちの習い事や、
学童や保育園の行事参加費用、
旅行をどうするか、
住宅ローンの繰り上げ返済をするかしないか、

悩みどころがいっぱいあります。
お金のかけ方と、何をするかの部分。


家計を切り盛りできるようになるのは、いつのことやら。
ライフプランについても、今後、見直ししようと思います。