読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

お父さんっ子の次男の話。

長男も次男も、赤ちゃんの頃はお母さん子でした。

母乳で手なずけてしまうからか、
1歳より前に卒乳してからも、3歳になる頃までは2人ともべったり。寝るときには私が手を繋いだり寝かしつけしないと泣いてしまうので、夕食からのタイムスケジュールが忙しかったのを思い出します。

特に体調が悪くなると私が視界に見えないと泣いてしまうこともよくありました。



でも、この1年で形勢が逆転。
長男はもう7歳なので、お母さんでもお父さんでもないのですが、
次男は完全にお父さんっ子になってしまいました。


私が居なくても夫がいれば、すやすや眠るし、お泊まりでも平気。
泣いたら夫に抱っこ。
遊ぶときも何をするのも夫を呼びます。


「たまにはお母ちゃんと一緒に寝よう」
と、誘っても、
「お父ちゃんじゃ、ダメなの?」
と、泣きそうになるので、
「好きなところで寝ていいよ」
と言わざるを得ない(笑)

そうすると心底ホッとしたように
「今度はお母ちゃんと寝るからね」
と、夫の布団に潜り込みます。
そして「今度」は来ない。


その様子を見ていた長男が、気を遣って
「オレはお母ちゃんが1番好き」
とこっそり言ってくれます。

なんて優しい子…!
というか、気を遣わせてごめんね。


でも、実際、長男はずっとお母さんっ子だったのに、不思議なものだなぁと思います。


原因はよくわかりません。
思い当たるとすると、夫にとても顔が似ているので、ことあるごとに
「おんなじ顔だね」と言っていたことくらい。

今では次男は夫と「おんなじ顔」と言われるのが嬉しくて仕方がないらしい。


夫の方も長男にはさんざん冷たくされたので、なついている次男が可愛くて可愛くてたまらない様子。
「たまにはお母ちゃんに言いなよ」
と、言いながらも、目尻が下がりっ放しでお世話をしています。

相思相愛で、お熱いことです。


淋しいと言えば淋しいですが、
同時にすごく解放された気分になったりもしています。この前の土曜日も、夜に私が職場の飲み会に出かけたので、3人で義実家にお泊まりしていました。


子供の心配をせずに外出できるのが、本当にありがたい。
なので、家にいて子供と過ごす時間が、以前よりもとても貴重に思えるようになった気がします。


そんな、お父さんっ子の次男ですが、独り占めできる時間があります。寝る前のヨガです。

何が楽しいのかわかりませんが、
「お母ちゃん、今日もヨガやろう!」
と、目をキラキラさせて誘ってくれます。

今日はサボりたいなぁ…と思っても、
「やらないの?」
と、うるうるしながら聞かれてしまうので、サボり防止にも貢献してくれています。


長男は飽きてしまってやったりやらなかったりなので、私と次男と、2人で並んで太陽礼拝やポーズをやっています。

ポーズは出来ないものもありますが、太陽礼拝はずいぶん上手になりました。


一生懸命、天井に手を伸ばしたり、前屈したり。太陽礼拝の途中の、コブラのポーズや犬のポーズをとると、背の小ささが際立って、とても可愛いです。

「可愛いね」
「上手だね」
と言うと、すごく嬉しそうに、
「次男くん、上手でしょ!」
と自慢してきます。


誉められるから嬉しいのか、
「今日はお母ちゃんと寝ようかなぁ」
なんて言ったりしますが、ヨガマットを片付けて布団に行くと、既に夫の布団で寝ています。
「今日はお母ちゃんと寝ないの?」
と聞くと、また
「お父ちゃんじゃダメなの?」
と涙目。

完全に、自分の涙の攻撃力を把握しています。恐ろしい。


末っ子の特権を生かして、とっても甘えん坊な次男。どんな子に育っていくのか楽しみです。


* * *
ヨガは興味のない長男のために、こちらも始めました。

スロトレ完全版 DVDレッスンつき

スロトレ完全版 DVDレッスンつき

将来は学童指導員タケちゃん(仮名)のように、ソフトマッチョのスポーツマンになりたいので、筋トレには積極的です。


スロトレも本当は朝やるのが良いのですが、朝は時間がないので、ヨガの前に10分だけ。
数年前にやって、ハードまで進んだのにしばらく放置していました。イージーからやり直して体幹を鍛え直そうと思います。