適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

家族で見ているドラマと、ブログのカテゴリの話。

今シーズン、はまっているドラマ。

このドラマです。

ゆるりまいさんのブログ→なんにもないぶろぐから、本が出て、ついにドラマ化されたもの。
わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

主演の夏帆さんの、くるくる変わる表情が可愛い。
高校生のシーンには本当に高校生に見えます。

コメディなので、夫とこどもと一緒に見ています。残りあと3回ですが、全6回分の録画を保存版にして、度々見直そうと思っています。

短編なので、次から初めて見ても、きっと内容についていけますよ。



このドラマを見て、やっぱりミニマリストってすごく興味深い存在だなぁ、と思うと同時に、やっぱり自分はミニマリストにはなれないなぁ、と実感しています。(まあ、ゆるりまいさんはミニマリストの中でも特に強者かもしれませんけれど)

ブログ村のシンプルライフカテゴリから外れてみました

このブログ、先日まで一応、ブログ村の「シンプルライフ」カテゴリにお邪魔していましたが、最近、シンプルライフって、どうすればいいんだろう、と思うことが増えてきました。


「シンプルライフ」と検索すると、

持たない暮らし
断捨離
などのキーワードが並び、

いかにモノを減らすか、
いかに片付けるか、
みたいな記事が上がってきます。


シンプルというのは簡単、単純、地味。
シンプルライフ、となると簡素、質素な暮らし、でしょうか?質素の手段としてすでに持ちすぎているモノを捨てる、ということなのかな。

ミニマムは最小限、なので、少し意味が変わりますね。


質素な暮らし。

贅沢をせず、華美なものは持たず、派手なことはせず、質素な食事をとる。

これ自体は理想に近いですが、
じゃあ実践できているか、と言われると、全然できません。


自分は、シンプルライフをしている人や、ミニマリストの人たちに憧れるだけで、そうなりたいわけではないのかもしれない。

まだまだモノは多いのに、収納に収まっているなら積極的に減らそうとは思えないし、怪我をしない程度に床にモノがなければいいと思ってしまうし、家を整えることに疲れたらサボればいいと思ってしまう。


実態が違うし、目指してもいないのでは、シンプルライフとは名乗れないかも、と思ったのでカテゴリを見直しです。

片付けは続けます

そんなわけで、とりあえずこれからは「心地よい暮らし」カテゴリにお邪魔してみることとしました。ブログランキングの方は「ライフスタイル(全般)」へ。

理想の暮らしってどんなだろう?と考え、まずはみんなが心地よくなくちゃね、という安易な感じです。

馴染まなかったらまた変えるかもしれません。心地よい、というより、コスパ重視、合理化的、のような気もしますし。


シンプルライフカテゴリを名乗るのは止めますが、このまま汚部屋なのは困るので、これからも片付けは続けていきます。

あんまり記事にはできませんが、ちょっとした見直しは毎週末の掃除のついでにしていきたいと思います。


良かったらまた読みに来てもらえると嬉しいです。

では(*´∀`*)ノ