読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

お絵かきとお手紙が好きな次男。

先週、冬の大仕事を1つ終えました。
確定申告です。


申告会場に向かう途中、公園で見かけた鳥。
なんの鳥でしょう?くちばしが可愛い。


今年は、毎年の医療費控除に加えて、住宅ローン控除があったので、添付書類集めに手間取りました。住民票の写しを取りに行ったら、区役所で50分待ち!混み合う時期の混み合う時間帯とはいえ、疲れました…。

でも、来年からは住宅ローン控除についても年末調整してもらえるので、安心です。


次男は画伯

インドア遊びの充実している保育園に通う次男は、お絵かきやお手紙書き、折り紙、切り絵など、手仕事が好きな様子。

保育園の先生方がほめてくださるので、すっかり気分は画伯です。

お休みの日にも家でも色々書いています。

次男は年少さんの4才。
これくらいの年のころ、長男は、鉛筆を持つことも嫌がり、保育園のお絵かきでは点と線を書くのが精一杯だったのを思い出し、つい比べてしまいます。今の次男と比べると、多分1年くらいは発達段階が遅れていたような。

基本的には放任の我が家も、あの頃は長男が周りから取り残されないか心配でした。こどもちゃれんじを購読してみたり、でも結局ワークはやりたがらなくて、進まずにイライラしたり。


でも長男も、今年小学校に入ってからは字や絵を書くのが好きになって、じゆう帳には大好きな恐竜や電車や昆虫が書き連ねられています。

こどもの発達は本当に人それぞれのステップがあって、同じように育てている兄弟でもこんなに違うのか、と毎回びっくりします。

絵を描いたら写真に撮れと言う次男

うまくかけると、どこがうまく描けたのか、画伯の解説が始まります。

例えばこんな感じの絵を見せられ。

見えますか?左肩に「できた」って書いちゃうし。


「今日は駅を書きました。
人は書きませんでした。
駅にあるものを書いています。
自動販売機ではジュースだけでなくお茶とか珈琲があります。
黄色い線よりなかに入ってはいけません」
と、言うような説明をしてくれます。

そして、そのあと、
「写真に撮ってもいいよ」
「壁に貼ってもいいよ」
と、誉めるように強要されます(笑)。

誉めるときにも、具体的にどこがどう良いのか言わないと「ちゃんと見て!」と怒られます。

何となくうちの画伯、女子っぽい、と思ってしまうのは男女差別でしょうか…?

お手紙を書くのも好きな次男

これも自分の名前すら書かなかった長男と比べるとびっくりなのですが、何かあると、
「じゃあお手紙書こう」
と言い出します。

保育士さんが怪我をされると、
「○○せんせい けがなおてね びよういんいてね(○○先生、怪我治してね、病院行ってね)」
と書いて渡し。

義母からお守りをもらったら、
「おばあちやん おまもり ありがと いつもありがと」
とさらさら書いて、すぐに送付しろと言ったり。

こんな手紙をもらったら、大人は感激しますよね。次男はそこをわかっていて、打算が働いている気もいたします(私がうがちすぎでしょうか…?)。
長男を見て育っているので、人の感情を見るのが上手いと言うか。そういうところからも女子力を感じたり。


かと思うと、長男と喧嘩しては、落書き帳に
「○○(長男) ばか おんち ごりら ぶんなぐる」
と書いてみたり。

ぶんなぐる、と言うのはドラえもんに出てくるジャイアンの口ぐせを真似たものです。3才の年齢差があるので、実際にはあまり殴り合いにはなりません。
音痴もジャイアン由来ですかね。

2番目の子は気楽に向き合える

お絵かきやお手紙は好きな次男ですが、当時の長男よりも出来ないこともいっぱいあります。

例えば、長男は5才になる頃にはまっていたトランプやUNOやオセロについては、ルールを覚えるのが苦手で嫌いな様子です。

外遊びも長男の方が得意で、次男はすぐに「疲れた~」とサボります。

また、寝起きの悪さがすごすぎて、保育園では、お昼寝明け保育士さんに手伝ってもらわないと着替えないことも発覚しています。


長男の時だったら、
「お昼寝の後に自分で着替えないなんて、おかしい!」
と、心配になったと思います。
「ゲームのルールが理解できないと友達になれなくていじめられちゃうかも」
とか。


思い返すと、
乳歯が生えるのが遅いとか、
お箸が中々使えないとか、
挨拶ができないとか。

長男が小さな頃は、一つ一つのことに一喜一憂して心配ばかりしていました。
そして、やっぱりこれからも長男については、どういう成長をするのか不安で、心配ばかりしてしまうと思います。


その点、次男は得です。
親の方も慣れていて、できないところは、そのうちね、と大らかに受け止められ、良いところにだけ注目できる気がします。

良くも悪くも長男くんのおかげで次男はのびのび成長中です。

*関連記事*