読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

お菓子をもらえた日。

つぶやき。

昨日、3月14日って、ホワイトデーだったのですね。

毎年、バレンタイン以上に縁遠く、年度末のバタバタで通り過ぎてしまうのですが、朝から職場で色々お菓子をいただいて、ようやく気がつきました。


私の職場ではバレンタインもホワイトデーもあまり活発にはやりません。今年のバレンタインは休日でしたし、所用で直前の平日も職場に出勤しなかったので、特にどなたにも何もお渡ししませんでした。


朝、まず管理職の方から
「女性の皆様に」
と、チーズケーキの差し入れがあり。

昼前に隣のフロアの課長から
「ますますキレイになってください、だそうです~」
と、コラーゲン入りのドリンクが配られ。

同じ島の若手さんも
「よかったらどうぞ」
と、なんだかコジャレたお菓子を。

上のフロアのめったにお顔を見ない管理職の方が
「上のフロアで余ったからあげるよ」
と、手ずからケーキをお配りになり…。


そこまできて、ようやく気がつきました。


私の席、超絶美人で大和撫子のお手本のような、松雪泰子(仮名)さんの斜め向かい側なのです!


↑松雪さんの紹介はこちら。


みんな松雪さん(仮名)に渡したいけれど、松雪さんだけに渡すと、あからさま過ぎるから、近くにいる私にもくれるのですね!

どれだけ物欲しそうに思われてるの…私…(反省)。


とはいえ、いただいたお菓子たちは美味しくいただいています。まだ食べきれていませんが、皆様ごちそうさま。


松雪さん(仮名)は、あと半月で退職されます。
来月には、出社しても、松雪さんの素敵な微笑みを見られなくなると思うと、今から寂しくなってしまいます。
モチベーションが下がらないか心配←


一緒に過ごせるうちに、松雪さんの素敵さの欠片くらいは学びとりたかった…。


* * *

ホワイトデーは私の父の誕生日でもあります。

遠方に住んでおり、次回の帰省で何か渡そうかとまだプレゼントは用意していませんが、
とりあえず当日には、孫たちからお祝いのお電話をしています。

「おじいちゃん、お誕生日おめでとう~」
「おじいちゃん何歳になったの?」
からの、年齢のサバ読みが毎年恒例。
今年で66になりました。


横で聞いていると、電話の受け答えが2人とも本当に上手になってきました。成長を感じる瞬間です。
おじいちゃんも嬉しそうにしてくれて、
「次の帰省(2週間後)で会えるのを楽しみにしてるね~」
とのこと。

長男が生まれた頃は、おじいちゃんと呼ばれたくない、なんて言っていたのに、すっかりおじいちゃんが板についています。


子供が小さいうち、両親が元気にしているうちに、いっぱい楽しい時間を過ごしたいです。


* * *

私が今年、唯一バレンタインに用意した、チョコレートケーキのお返しに、珍しく夫がチョコレートを買って帰りました。

ホワイトデーのお返しなんてもらうのは、結婚以来初めてです。

スーパーの市販のチョコレートでしたが、
なんだかとても嬉しい。

でも、
素直に「ありがとう」とだけ言えばいいのに、つい「珍しいね」なんて憎まれ口を叩いてしまう自分…。
ダメな嫁ですね。自業自得ですが、来年はもらえないかも…。


チョコレートは夕食のあと、夫婦2人で食べました。
お菓子をいっぱいもらって、いっぱい食べた1日でした。