読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

【スカイツリー】田舎の両親と展望台に登りました。

夫婦そろって人混みが苦手な私たち。

連休には渋滞情報を自宅の居間のテレビで見ながら、
「混んでて大変そうだねぇ」
と高みの見物をするのが恒例です。

そんな我々家族が、意を決して行ってきました。


春休みで週末のスカイツリーへ…。

私の田舎の両親が
「孫とスカイツリーに登るのが夢だったんじゃ」と、言ったような言わないような。

昨年一緒に東京タワーに登ったので、今度はスカイツリーだね!と約束してしまったらしいのです。

やる気溢れるジジババと孫、げっそりする夫婦2人。

案の定、ものすごく混雑していました。
もう既に行った方も多いとは思いますが、先週末の様子をお伝えしますね。


展望台に登るチケットには、事前日時指定券と当日券があります

スカイツリーに登るためにはチケットを買う必要があります。当日券を買うか、日付と時間を指定した予約券(事前日時指定券)を買うか。

スカイツリーに登ると決まったのが金曜日、登ろうと思う日が翌日土曜日、という行き当たりばったりでしたので、あわててスカイツリーのホームページを検索しました。

リンク→展望台チケット | 東京スカイツリー TOKYO SKYT REE

日時指定券の方が当日券より500円高いです。
大人だと、日時指定券が2,570円、当日券が2,060円。

350メートルの展望台までの料金で、その上に行くのは別料金です。


当日券は窓口が混む場合には、当日券を買うための整理券が配られるということでした。

26日土曜日の状況ですと、16時頃に18:30〜19:00の整理券が配られる、という感じです。

そのため、まず整理券をもらいに行き、指定された時間に当日券を買いにいきます。整理券は1人1枚しかもらえないので、一緒に登る人が全員で、2回とも行く必要があります。

ソラマチ(スカイツリーのふもとのショッピングモール)でご飯を食べたりお土産を買ったりすればすぐに2時間くらいはたってしまうので、登りたい時間の2、3時間前に全員で行けるのなら当日券の方がお得ですね。

ただ、整理券の時間に入っても、買うまでにも日時指定券よりは多少並ぶようでした。


今回は高齢者と幼児がいたので、リッチに日時指定券を買いましたよ。

事前日時指定券はセブンイレブンで購入できます

事前日時指定券を買うには、Webで予約する方法とセブンイレブンのマルチコピー機で発券する方法があります。

Webだと直近の予約状況がわかりませんが、セブンイレブンのマルチコピー機なら翌日の販売状況まで確認できます。

リンク→チケット購入方法 | セブン-イレブン販売 | 展望台チケット | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

マルチコピー機で「チケットぴあ」を選択。
Pコードを入れると簡単に検索できます。

25日金曜日の昼休みに販売状況を確認したところ、翌日、26日土曜日の空き状況は、
8:00〜9:00もしくは18:30以降のみ。
それ以外の時間は満杯。

この時点で、当日の混雑ぶりが容易に想像できます(笑)


ちなみに、翌週、4月2日や3日の販売状況を見たところ、ほとんどの時間で空きがありました。スカイツリーの事前日時指定券を買うなら1週間前が良さそうです。

状況を両親に伝えると、混んでるから止めようよ、とは展開せず、
「それなら18:30のチケット購入よろしく」
と、なりました。

自宅からスカイツリーは片道1時間以上かかります。この時点で帰宅は遅くなることが決定しました…。

18:30の事前日時指定券で入場

18:20頃に入り口へ行ったところ、
「まだ時間には早いのでお待ちください」
と、ベンチを案内されました。

中々シビアです。

18:30ぴったりに、案内看板が
18:00→18:30に変更され、受付開始。

受付カウンターに順番に案内されます。
セブンイレブンで発券した券と人数を確認して入場券と交換してくれます。

そして、エレベーターの列に並びます。
ここまで10分くらい。
今日はどこまでも並ぶつもりですから、まあまあ早いじゃないか、と思いながらエレベーターを待ちます。

係員さんの説明によると、エレベーターは4基あり、春夏秋冬の装飾がされています。

我々は登りが秋、下りが夏のエレベーターでした。どちらもとてもきれい(混雑で写真が撮れず)。

スカイツリーラウンドシアター第1段「WIPE UP!」を見る

展望台に着いたのは18:45でした。
すごく混雑していて、夜景が人混みで見えません。

18:50頃、係員の方に「ショーの準備があるので白線の内側まで下がってください」と言われ、言われるままに下がります。

でも、下がっているのは我々の回りのみ。他の場所の方はそのような案内がありません。
理由はショーが始まって初めてわかりました。

知らずに立っていましたが、ショーの特等席でした。場所は秋のエレベーターのすぐ前、和傘で写真撮影しているブースの右側です。


みんなが下がってようやく窓の外が見えるようになり、隅田川や屋形船、東京タワーなど、景色を眺めながら待つこと10分、
19:00にショーがスタートしました。
※期間によってショーの時間は違うので、パンフレットやホームページで確認してください。

リンク→SKYTREE ROUND THEATER | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE
WIPE UP! | SKYTREE ROUND THEATER | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE


映像の鳥が飛んできて窓を汚します。


映像の清掃員さんが窓を拭いています。

そして、このあとショーが本格的に始まりますが、夢中で見てしまって写真がありません。ごめんなさい。


特等席、というのは、ショーの途中からトランペットやトロンボーンなど、生バンドの演奏が始まったのですが、演奏場所が私たちの目の前だったんです。

ノリノリの曲で、演奏しながら観客の近くまで来てハイタッチしてくれて、子供たちは大興奮でした。

15分間のショーでしたが、みんなで手拍子をしながら、とても楽しめました。
夜景と映像と音楽でテンションが上がります♪

所要時間は1時間~1時間半でした。


ショーを見てから展望台を1周して、340のフロアへ。

ガラス床にも乗ります。

人混み過ぎてあんまり怖くない(笑)

340mのフロアから5階まではエレベーターです。

どこへ行くにも混雑しているので、待ち時間が発生して、所要時間は1時間~1時間半と言うところでした。
ショーを狙っていくのなら、開始時間の30分前の時間には入場した方が良さそうです。


 * * *

混んではいましたが、間近で見るスカイツリーと、下町の夜景は子供も大人も楽しめるものでした。
まあ、今後10年はもう行かないぞ、と心に決めましたけどね。

スカイツリーからの帰り道、私の両親と子供たちが、
「次はディズニーランドに行こうね~」
と、言っていたような気もしますが、聞かなかったことにしたいと思います(泣)。

スカイツリーに登る前に、併設する水族館にも入ったのですが、長くなったので、また今度。

久しぶりの観光スポットへのお出かけで疲れましたが、幸い今のところ、子供たちは風邪もひかずに元気にしています。

帰ってきてからも「楽しかった~♪」と興奮していました。


ライトアップもキレイ。