適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

次男が通信教育に入会しました。

私の育児休業中、家庭にいる時間が増えて退屈かしら、と初めて購入したのはもう5年前になります。

その頃の長男は全く食いつかなかった通信教育。


当時の長男は、
おもちゃも遊ばず、絵本も読まず、
何回かDVDを見て、
シールを貼ったらおしまい、
という非常にもったいない使い方しかしないので、すぐに退会してしまいました。

なので、
私たち親としては、全く始めるつもりはなかったこの通信教育ですが、定期的に送られてくる勧誘のダイレクトメールがありますよね?

封筒に大きなしまじろうクンがいるので、嫌でも次男の目に止まります。

開けると教材の見本やシールが入っていて、そのたびに
「次男君にもしまちゃん来た~」
と、大喜び。

本当にこの会社のダイレクトメールは勧誘力があります。まずこどもを陥落するところがすごい…。


そんなことを幾度となく繰り返し、
3月に届いたダイレクトメールの教材で、ついに入会を決めてしまいました。

決め手になったのがこちら。

見えるかな?


長男の時にはどんなに手伝ってもできなかったしやる気がなかったワークですが、
次男は私が食事を用意している間に、1人でワークの見本の「しりとり」のシール貼りを完成させ、
「続きを考えてみよう!」
の場所にはきのこの「こ」で始まる
「こいのぼり」
と書き込み、
なぜだかしりとりの言葉を
「かい いえ」
と、書き取りまでしていました。

ここまでアピールされたら入るしかないじゃないですか…。


本当に兄弟でも性格も好みも違うものだと2人を見ると感じます。
今思えば、アウトドア派の長男にはインドアな通信教育は合わなかっただけだったのかも。


長男も小学講座で入り直してからは、毎月コツコツ課題をこなし、1年間赤ペン先生を期限までに提出するという快挙を達成しました。

自分自身も進研ゼミを使っていたので、期日を守れる長男を、素直に尊敬してしまいます。


まあ、そんなこんなで4月号から年中さんの講座に入会した次男ですが、先週4月号が届いたばかりなのに、もう今月分のワークが全部終わってしまったという…。早っ。

しかも、私も年度末で忙しかったので、平日は全く見てあげられない状況で、わからないところは長男に聞いて手伝ってもらったらしい。

確かに「おうちのひと」と一緒にやろうって書いてあるしね、長男もおうちのひとに変わりはない。
長男よ、ありがとう…。

ワークが終わってしまってからは、DVDを見たり、付録の「ひらがななぞりんマシーン」で遊んだり、絵本を読んだりしています。

手伝わなくても1人ですいすい進めてくれるので、とても楽。次月号も今から待ち遠しい様子です。


年始に立てた目標の、
「次男の習い事を探して気に入ったら始めてみる」
に関しては、とりあえずは達成ということで。

なんにせよ、こどもが楽しんでくれているのが1番嬉しいです。

他の目標の達成状況?
き、聞かないでください…。
(この時お迎えしたカネノナルキは、元気に育っています)