適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

医療保険を解約しました。

半年前に書いた記事→1年前に受けたFP相談のこと。 - 適度に、適当に。

この記事の時には、はっきり気づいていなかったのですが、ようやく思い至りました。

あの時に出会ったファイナンシャルプランナー(FP)は、ただの保険屋さんがFP資格を取っただけの人だったんじゃないだろうか。


保険で貯蓄はしない方がいいと思う

前回の記事で低解約返戻金型の生命保険に加入した、と書きました。イメージとしては学資保険に近いでしょうか。

満期までの間は生命保険として機能して、満期になったら払い込んだ保険料+αのお金が払い込まれる(満期でも掛け金を下回るものもあります)というもの。

学資保険と違うのは、学資保険は満期になると勝手に解約になるけれど、こちらは満期のあと解約せずに継続することができ(保険料は払込済み)、保証が続き、多少の利子がつくこと。


それだけ聞くと悪くないように思うかもしれませんが、「低解約返戻金」です。途中で何かあって解約しようとしたら、ほとんどお金は返りません。その点、貯金とは全く違います。

それだったら同じ金額を自分で貯金する方が、よっぽどいい。保険会社の倒産リスクや、資金が拘束されることを考えると、もらえる利子に見合いません(※私、個人の考え方です)。

それに、住宅ローンがあるのに、あえて保険で貯金するのもおかしい気がする。

貯金する余裕があるならさっさとローンを繰り上げ返済して利息を少しでも減らす方がお金が節約できて健全な家計ですよね。

繰り上げ返済のリスクといったら、返しすぎて手元資金に余裕がなくなった時期に、何かあったら対応できなくなること、
だと思いますが、保険で拘束されていたらもっと困ります。

でも、この保険については、今解約すると本当にお金を捨てるだけなので、解約したくてもできない状況なんですけれどね…。保険料分、繰り上げ返済したかった…。

無料より怖いものはない

FP相談、我々が受けたのは無料のものだったんです。

無料で相談できる、ということは、
無料でも商売が成り立つ仕組みがある、ということ。

我が家に来たFPさん(の資格を持つ保険屋さん)は、私達が理想的に考えない顧客だったおかげで、しっかり商売できたと思います。

低解約返戻金型の生命保険の他にも、当時私が全く医療保険に入っていなかったので、
こうなったらどうする、
ああなったらどうする、
と色々と立て続けに説明されて、結局医療保険ガン保険の契約も勝ち取られています。

今回、この医療保険ガン保険を解約しました。

医療保険に入るならその分貯金したい

数年前に夫が2ヶ月近く入院したことがあったのですが、夫は医療保険を掛けていたので、だいたい、
5,000円×50日=250,000円の保険金が出ました。

当時はすごく助かったような気がしていましたが、考えてみたらそれまで払った保険料の元すら取れてないんですよね…。

保険料で払うんじゃなくて、そのまま貯金すればいいんじゃない?と思い始めました。

保険屋さんの診断ですら加入不要の保険だった…。

もちろん、何かあったら、と考えれば不安はあります。だから保険の仕組みが成り立つんですよね。保険料より保険の給付が上回るケースも実際あるとは思います。

それで、夫が会社に出入りしている保険屋さんに加入している保険について見てもらったそうです。

その話を聞いたときには、保険のことを保険屋さんに聞くなんて、飛んで火に入る…と思ったのですが(夫、ごめん…)。

診断結果は、
医療保険ガン保険も現時点で不要、会社の福利厚生と貯金で対応する方がよい、
との回答でした。(追加で自社保険をセールスされてないか何度も確かめてしまいました(笑)今後あるかもしれませんけどね)

保険屋さんに一刀両断される保険。
それだけひどい保険だったのかも…。

解約は簡単でした

保険証券に書いてある電話に解約したいと伝え、証券番号を伝えました。

その2日後に郵便で書類が届き、
1ヶ所住所、2ヶ所名前を書き、押印し、証券を同封しておしまい。

ここら辺は保険会社にもよると思いますが、特に引き留めもなく、○日までに返送いただければ4月の解約になります、との案内。

あっさりと解約でき、
月々数千円、解放されました。

医療保険を否定するわけではありません。たまたま我が家には不要な保険だったので、解約しただけ。


ただ、医療保険には入るもの、と言う思い込みはCMとか保険屋さんに教わった気がする…。

不要な保険をかける前に、まずは自分の会社の福利厚生について確認した方がいいな、と反省したのでした。

数千円×18ヵ月、中々大きな勉強料になりました(反省)。