適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

初めて繰上返済実行!忘れていた嬉しいこと。

土地のローンから考えると、我が家の住宅ローンは、もうすぐ3年目に入ります。

今の土地に一目惚れしてから2年も経つと言うことですね!←一目惚れして翌週には仮契約…翌月ローン実行…そうしないと欲しい土地が買えなかった首都圏の2年前の不動産事情…。


家を買うと同時に、なぜか保険を買ってしまった失敗を精算

借金を抱えるというのに、訳のわからない高額な保険を組んでしまうという失敗もありました。
過去記事→
医療保険を解約しました。 - 適度に、適当に。
保険にかけてしまった金額、住宅ローンを繰上返済したらどうだった? - 適度に、適当に。

既に解約した医療保険と一緒に、低解約返戻金型終身保険を契約していましたが、低解約の方は今解約しても保険金の半分以上は戻りません。
でもこのまま無意味な保険に10年以上お金を取られ続けるのも困る…。

この数ヵ月、資金のシミュレーションと家族会議を繰り返して、払済保険に変更することにしました。

払済にしても、解約するのと損する金額はほとんど変わりませんが、一応しばらくの間、死亡保険としては残すことに。
手元資金に余裕がなくなったり、住宅ローンの金利が上がれば、すぐに解約して換金すればいいかな、と思っています。

解約するまでの間、減額された死亡保険が残り、雀の涙ほど解約返戻金が増えていくので、住宅ローンの金利が低い今のうちは温存。

2年で払済にするなんて、失敗以外の何物でもありません…。
どうか、不必要な保険を買うことの無いようにお気をつけください。

でも、年払保険なので、今年の保険料を払う前に払済にする方が、来年以降に解約するよりは傷が浅くて済みます。
やってしまったことは仕方がない。諦めて次に生かします。

夫婦間の贈与にならないよう、預金はそれぞれの名義で

夫には当時持病の治療中だったので(今はほぼ治りました)、住宅ローンは私1人の名義です。
つまり、私のお給料だけで返さなくてはいけません。

夫婦の場合、普通の生活費をどちらのおサイフから出しても贈与にはなりませんが、財産になるようなもの(貴金属や不動産など)については夫婦間でも贈与税の対象になってしまいます。
(年間110万円までは非課税)

住宅購入で私名義の預金がけっこう減ってしまい、また毎月住宅ローンの返済があるので、私に何かあった場合を考えて、夫婦で預金を分散しておきたい。

そんな理由から今までは繰上返済に消極的でした。

今後は、払済にした保険の年払保険料が浮くので、この分は毎年繰上返済してみよう、と思っています。

ローン実行から2年間で、多少増えた預金と合わせて、先月初めて、住宅ローンの繰上返済をやってみました。

繰上返済はあっけないほど簡単

私が借りている金融機関では、窓口だと繰上返済手数料が3,000〜10,000円かかりますが、ネットから手続きすると無料です。

返済金額は1万円から300万円まで1万円単位で選べます。

返済日は手続きの翌営業日から5日間選べました。

繰上すると、35年のローン期間を繰上分短縮してくれます。画面上では、繰上返済で○年○カ月期間が短縮される、と確認もできます。

ポチポチ、と、返済したい金額と返済日を選択して実行。時間にして5分もかからず大きなお金が動いていきました。

翌日、金融機関から「受け付けました」のメールが、また返済日には「実行されました」のメールが来て、記帳したところ普通預金がその分減っていました。

わかっていたことですが、減った残高を見ると、
「こんなに減って大丈夫かな…」
と、不安を煽られます。

数日後、郵便で繰上返済の内容についてお知らせが来て、「ああ、少し返せたな」とようやく実感できました。

と、同時に忘れていた嬉しいこともありました。

繰上返済分の保証料が返還された♪

私の契約先では、ローンの保証料がかかります。金利上乗せ0.2%、または一括払いの場合、1,000万円につき、35年ローンで約20万円。

「保証」は銀行への保証で、我々にとっては何のメリットもなく、保証料がかからないネットバンクもあるのですが(その分事務手数料に上乗せされることもあります)、現在の契約では保証料を負担しています(一括払い)。

3,000万円を35年で借りれば約60万円ですから結構な金額ですが、当初は諸経費が色々かかったのですっかり忘れていました。


繰上返済から1週間後、心当たりのない振込が返済口座にありました。
振込の宛名を見ると保証会社から。

もしかして、保証料返還♪と思い至りました。
(今にお知らせもくるはず)

35年で3,000万円借りて、例えば100万円の繰上で1年返済期間が短くなったとしたら、その分に相当する保証料を返してくれるみたいです。

手数料は差し引かれるようなので、なるべく少ない回数にまとめて繰上する方が保証料が多く返ります。でも、その間のローンの利子は余分にかかりますから、どちらがいいかは計算した方が良さそう。


いずれにしても、返ってくることを忘れていたお金が振り込まれると、まるでボーナスのようで嬉しいです♪
もっと繰上したらもっと返ってくる♪と、繰上するモチベーションが上がりました。

繰上返済が病み付きになりそう…(笑)。

あんまり急ぎすぎて手元資金が危うくならないように調整しなくてはですね。

最後に

繰上しました!
保証料が一部戻りました!
というだけの話を長々とすみません。

知り合いや友達には絶対に言わない内容なのに、世界に向けてブログで発信してしまいました。

固定費の見直しや、苦にならない程度の節約をして、安全に借金を減らしていきたいです。