読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

映画『シン・ゴジラ』を観た!(ネタバレ無しのつもり)

映画。

お盆休みですね。

私も夫も暦通りの勤務形態ですが、長男の学童がお休みだったので、今日は私は有給休暇を取得。

小学2年の長男と、話題の映画『シン・ゴジラ』を観てきました。


久々にパンフレットも購入してしまうほど面白かったので、ネタバレしない範囲でお伝えしたいと思います。

ゴジラシリーズ初鑑賞でも大丈夫

以前のゴジラシリーズとストーリー上は関係ないので、1つも観たことのないゴジラ初心者の私や長男でも事前知識なしに楽しめました。

そもそもね、映画館にいくまでゴジラを観る予定がなかったので、何の予備知識も無し。

でも、かえってそれがよかったと思います。
何も調べず、情報をあえて入れず、とにかく映画館にレッツゴーです。

観た後に過去作を復習して、もう1度観たくなるかもですが。

小学2年生には難しい内容もあり、幼児だと映画館での鑑賞は無理です

お子さま向けの難易度ではないと思います。
ちゃんと理解できるのは中学生以上じゃないかな。

エヴァンゲリオン庵野監督の脚本ですが、エヴァンゲリオンを幼児が見ても理解が難しいシーンが多いですよね。巨大なエヴァたちが戦うのはカッコいいんだけど。

特に、英語などの外国語のシーンが何度もあり、字幕だけでテンポも速いので、漢字がすらすら読めなければ内容がわからないシーンがあります。そして、そこに話の核があったりも。

小学2年は、そういうシーンは飽きたように下を向いていましたが、後から聞くと難しいシーンもフィーリングで大筋は理解できたみたい。

幼児だと退屈して緊迫のシーンで歌い出しちゃいますから(うちの子だけかしら?)、DVDになってから、おうちで観た方がいいですね。

ちょい役の俳優さんたちも豪華

あれ?あの記者の人
あれ?あの逃げている人
あれ?あの消防士

と、台詞が一言しかないような人も結構有名な俳優さんだったりして、目が離せません。

朝ドラで活躍中のあの方やあの方も。

もちろん、主演の長谷川さんや竹之内さんのキリッとしたスーツ姿は目の保養になります。これでもか、と、ネクタイを緩めたり締めたり、スーツ好きにはたまりません。

ヒロインの石原さとみちゃんも美しい…(*^^*)

実際の地名が出てきて破壊される

土地勘のある場所がいくつか出てきたので、

あの道路が大変なことに
あの川が大変なことに
あの列車が…

と、不謹慎にもニヤニヤしてしまいました。

実際の地名や駅名が使われているので、臨場感があります。
近隣在住の方だったら「あそこだ!」ともっとわかるのかな、羨ましい。

Googleの航空写真と比べながらみてみたいです(笑)。

残虐シーンは控えめ

他のゴジラも観たことがないので、
「怪獣映画かぁ…グロかったらやだなぁ」
と、思っていました。

もちろん、怪獣出現という大災害が起こるわけなので、全員が無傷というわけにはいきません。

でも、何が起こったかはわかりますが、直接的な描写は少な目です。人が傷付くシーンが苦手な方も多分大丈夫だと思います。

お役所勤めの方は必見

政治家や国の省庁や都庁の職員、自衛官がいっぱい出てきます。

お役所の面倒臭さをわかる方は誰でも面白いと思いますが、公務員の方だったらもっと面白いんじゃないかしら、と思って観ていました(むしろ揶揄されてムカつくかしら?)。

怪獣が出てきても政治家は政治家。
振り回される官僚の人たちも頭の固さは相当です。

詳しく書くとネタバレになるのでやめますが、
「実際にゴジラが出てきたら、本当にこういう展開になりそうだなぁ」
と、感心してしまいました。

と、同時にそら恐ろしい気持ちにも。日本が壊滅する前に、政府は何とかしてくれますよ、ね…?

もう一度観たい!

映画を鑑賞直後にもう一度観たいと思うことは少ないのですが、この映画はできれば映画館でもう一度観たいです。

すごい、すごい!
と、興奮しているうちにあっという間に120分経ってしまったので、落ち着いて見直したい。

4Dでも上映してるみたいなので、それもいいなあ~♪

* * *
拙い説明ですみません(^^;

お盆休みに映画でも…と思っている方には、まず「シン・ゴジラ」の鑑賞をお勧めします。
面白かったです☆