適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

OCNモバイルONEを2週間使ってみた。

秋ですね。
もう近所の公園の木が紅葉し始めています。


格安SIMのOCNモバイルONEにしてから2週間経過しました。
リンク→OCN モバイル ONE | OCN プロバイダ(インターネット接続)

格安SIMの中でも大手なだけに、契約者も多く、その分、通信速度が遅いと言われるOCN。

まだ使用2週間ですし、特別通信関係に詳しいわけでもない主婦の感想ですが、今のところの記録をしておこうと思います。


選んだ理由1、割引

最大の理由は、家の回線がOCN光なので、割引サービスがあること。

リンク→OCN光モバイル割 | OCN モバイル ONE

同居の家族5契約まで1契約につき216円が月額から割引されます。
元々が安く、格安SIM各社でほとんど値段の差がないので、216円の割引でも安く感じます。

私が契約する1日110MBのプランだと、月額1,728円が1,512円になります。

うむ、安い。

選んだ理由2、通信容量が1日単位

1ヶ月○ギガで○○円、という契約が主流な格安SIMですが、OCNでは1日110MB、音声SIM1,728円というプランがあります。

このプランの良いところは、通信容量をオーバーしても翌日にはまた普通に使えるところ。

1ヶ月単位の契約だと、使い方によっては月末の数日間、通信規制をされてしまうこともありますが、最大でも1日待てば復活できます。

逆に言えば、たまにまとめて通信する方には向かないです。前日の繰り越しを含めても110MBプランだと1日最大化220MBしか使えません。


SoftBankだった頃は月5GBのプランで契約していて、毎月だいたい3~3.5GBを使っていました。

1ヶ月3GBプランを標準にしている格安SIMが多いのですが、そのプランだと月の後半、ずっとデータ使用量を確認することになり、なんだかストレスがたまりそうだな、と。

でも、契約してから気づいたのですが、週末はほとんど家のWi-Fiで通信するし、スマホを触らないことも多いです。と言うことは、3GBを週末以外の20日間で使っていたことになるので、

3GB=3072MB
3072MB÷20日=153.6MB

ははは、全然足りてないですね(笑)
データ増量キャンペーン中に契約し、1年間は1日165MBなので今のところ大丈夫そうですが、1年経ったら1ヶ月3GBの会社に乗り換えた方がお得かもしれません。
(※後述の方法でデータを浮かせば、私の場合110MBでおさまりそうです)

OCNにも1ヶ月3GBのプランはありますが、音声SIM1,964円と割高です。216円割引されてようやくトントンなので、使い心地と合わせて要検討ですね。

使い心地…速いか遅いかと言えば遅い

速度低下がよく言われるのは通勤時間や昼休みで、回線が混む時間帯です。

通勤時間は普通何時なのかよくわからないので、昼休みの平日12時~13時に関して言うと、計測しなくても体感でわかるほど通信速度が落ちます。

例えば、私は主婦ブログを読むのが趣味ですが、スマホ用にカスタマイズされていないブログも多く、キレイな写真は重たいままの場合が多いです。

そういう写真のあるブログを昼休みに開こうとすると、まるでパワーポイントのアニメーションのように、上から少しずつ数秒かけて表示されるという現象が起きます。
ガラケー時代のWeb閲覧を思い出す感じです。


また、はてなブログの購読一覧の読み込みが遅かったり、はてなスターが表示できなかったりします。

なので、キャリア回線よりは遅いのは間違いないです。(使用する地域の回線の混み具合にも左右されるので絶対的なものではないと思いますが)

遅いけど、気にならない

ここは価値観の問題なので、ただの私の感想です。

「通信速度が遅くなってストレスに感じたら嫌だなぁ」と中々格安SIMへ踏み切れなかったわけですが、実際、体感的にも遅くなる時間帯を経験してみて、
「遅いけど、だから何?」
と言う程度の話だった、と拍子抜けしています。

先ほど書いたような重たいサイトでも、1秒で表示できていたのが数秒かかる時間帯があるというだけで(今までと同じように1秒で表示できることも多いですし)、閲覧に支障はなく、さほどストレスに感じていません。

むしろ、たったこのくらいのことで月に数千円も安くしてくれて、ありがとう( *´艸)と言いたい。

使い心地…アプリで高速モードと低速モードの使い分けができるのが便利

OCNでは、高速通信と低速通信モードの切替がアプリでできるので、使わない時には低速にしています。

低速のままでも、メーラーからメールの確認、LINEのやりとり、通話、はてなブログアプリでの下書き記入には支障ありません。

リンク→OCN モバイル ONE ターボ機能 | OCN モバイル ONE

低速通信だったらいくら使っても無料なので、その分使える通信量が増えます。

低速モードで可能なこまごました作業を、確実に低速に切り替えて使うと、毎日のデータ使用量が110MBを越えることはなくなりました。

確認すると、毎日50MB位は低速モードで利用しているので、先ほどの試算値で考えると
153.6MB-50MB=103.6MB
となり、無事に110MBにおさまりました。

このまま行けばプラン変更しなくて済みそうです。

とりあえず快適です

まだ先月分の請求も来ていないので本当に安くなったという実感がわきませんが、安くなった割りに快適で何となく申し訳なく思うくらいです。

家族との通話はLINE電話にしたので、通話料もまだ発生していません。基本、電話を掛けるより受ける方がメインなので高額なカケホーダイサービスは私には不要。

一応、050plusと楽天電話のアプリも入れているので、多少通話料が発生しても高額にはならない予定です。


強いて言えば、例えば花火大会のような多くの人が集まるイベント時など、3大キャリアでも一時的に通信速度が落ちる状況で、私は通話できるのかな?とは心配になります。

東日本の震災の際には夜中まで回線は回復しませんでした。そういう状況だと、3大キャリアよりは回線の回復が遅くなるのかもしれないですね。
でも、ベースはDOCOMOなので、DOCOMOが復旧すれば電話はつながると思いますし、その数日のために年間7万円以上のお金をかけ続けるのであれば、災害伝言ダイヤルを家族で使えるように練習しておく方が有意義だと個人的には思います。


話がそれましたが、
何となくキャリアの方が安心だから…と格安SIMに踏み切れなかった数年間が勿体なかった!と思っています。

MNP乗換などで多少節約しましたが、それでも1年5万円はムダにしていたことになります。


長く使っていくと何かしらあるかもしれませんので、格安SIMについては定期的に感想をお伝えしていこうと思います。