読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

長男が骨折しました。

月曜日のことです。

夕方帰宅すると、
「足ひねった、痛い」
と長男が言いました。

どうしたのかと聞くと、学童保育所からの帰り道、
友達と一緒に歩道を歩いていて、
自分一人だけ、段差を踏み外して右足をグキっとひねったとのこと。
転びもしなかったし、痛いけど我慢できないほどではない、と言います。

なので、その晩は様子見。


翌朝(火曜日)、私は、長男が足をひねったことをすっかり忘れていたのですが、
起きてくるなり、「痛い」と泣きそうな長男。

いつも、2mm位の擦り傷ができても「痛い」と言う痛がり長男なので、
実際にはどの程度痛いのかよくわからないし、
見たところ腫れてもいないし、あざにもなっていない。

自分自身のケガだったら「軽い捻挫?」と放っておくレベルかな、と思いつつも、
子どものことなので、念のため整形外科に行ってみることにしました。

思えば、この「念のため病院に」という判断は、私にしては上出来すぎる判断。
虫の知らせでもあったのでしょうか。
まさか、骨折していたとは…。今でも病院に連れて行って良かった~とドキドキ、ヒヤヒヤしながら振り返るほど、偶然です。
仕事が忙しい時期で、病院の診察時間に間に合わない日だったらと思うとぞっとします。

さて、
子どもが整形外科にお世話になるのは初めて。
また、この地域の整形外科にかかるのも初めて。
単純に、家から一番近い病院に行ってみました。

火曜の夕方はとても空いていて、けん引をしている様子のご老人が2人のみ。
すぐに診察室に呼ばれます。

私の母くらいの年齢の女医さんで、長男は優しい雰囲気に少し安心した様子。
「こうすると痛い?」
「ここは?」
と、ひねったり、押したりしながら、けがの部位を特定していきます。

連れてきたのは過保護すぎたかな、と、この時、実はちょっと後悔していました。
「そこは痛くない、それは大丈夫」
と、長男が平気そうな様子だったので、このまま湿布でももらっておしまいかな、と思っていたのです。


なので、
「見たところは腫れていませんが、レントゲンを撮りますね」
と、先生に急に言われて「お金足りるかしら」ととっさに思ってしまったのは長男には内緒です。

まあ、その時にはまだ、それくらい大丈夫そうに見えたのです。

そして、レントゲン撮影し、待つこと10分くらい。
もう一度診察室に通されました。

そこで、初めて、
「骨折してますね」
と、事の重大さを告げられた次第です。


「お母さん、見えますか?右足の外側のくるぶしのところですが、うすーく骨がはがれています。お茶碗が一皮むけちゃったくらい薄いのでレントゲンだと見にくいのですが折れてます」
「骨の周りには軟骨がありますので、これだと、靭帯に軟骨をごっそり持っていかれている状況です」
「ねん挫と言うのは靭帯の損傷を言いますが、子どもの靭帯はとてもしなやかなので、大人のように傷めることはあまりありません。大人がねん挫する状況だと、子どもは骨折してしまうことが多いです」
と、丁寧に説明してくださっていたのですが、

骨折…
骨折!?
と、びっくりしてしまって、質問も思いつきませんでした。

「では、ギプスをお作りしますので、こちらへ」
と、処置室に通されました。

今回は簡易ギプスでよい、と言われ、
お風呂のときには取り外しができるものを作ってもらいました。
湿布をしてからギプスをはめ、包帯を巻いてギプスごと足を固定します。

ギプスはU字型、右足の裏から両側のくるぶしを挟み込むような形です。

お風呂以外はつけっぱなし、お風呂の後に新しい湿布をして固定し直します。


簡易とはいえ普通の靴は履けないので、外では夫のクロックス風のサンダルを、室内ではスリッパを履かせました。
寒くなったので、包帯の上から夫の靴下を履かせることもあります。(つま先やかかとが露出しているので)


今のところ「とりあえず簡易ギプスを2週間、来週経過観察」ということになっています。
ギプスを取った後にリハビリがあったりするのかな、前回聞き忘れてしまったので、今度の診察で聞いてみようと思います。


長男の様子は落ち着いています。
学童が遠いので、歩いて行けず、先週は下校→帰宅させました。
大好きな学童に通えなくてつまらなさそうです。

学校から自宅に帰ってきたら、夫の携帯に家から電話させて帰宅を確認しています。

ほとんど歩かないので、おなかが空かないそうで、体重が減ってしまわないか心配ですが、
それ以外は元気そうです。


それにしても、こんなに簡単に骨が折れてしまうとは、子供のケガは怖いなぁと思いました。
自分も突き指だとか捻挫だとか言われていたケガが、実は骨折だった可能性もあるなぁと。

また元気に走り回れるように、今は落ち着いて治してもらおうと思います。