読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

職場に年末調整資料を出しました。

毎年、この時期恒例の作業。
職場に出す年末調整資料を作成して、提出しました。

昨年度は住宅ローン減税の手続きのため、法務局、市役所、税務署…と駆けずり回って、
平日に有給休暇を使って確定申告の資料作りを頑張りましたので、
今年は年末調整で終わるのでとっても楽です。

我が家は居住開始から今年で2年目。

2年目から10年目の住宅ローン減税は、年末調整で手続きできます。
とはいえ、初めて記入する書類なので、国税庁のHPを見ながら悩みましたよ~。

これを読みました→
平成28年分 年末調整のしかた|パンフレット・手引き|国税庁

住宅控除はこのページ→
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2016/pdf/37-51.pdf

結構、難しいです!
こんな難しい書類、すらすら書けちゃう人を尊敬します!
でも、この書類一枚で数十万円の税金が戻ってきますから、超・超・重要です。


住宅控除を年末調整で受けるためには、職場を通じて

  1. ローン会社の残高証明
  2. 税務署から送付された申告書用紙

の提出が必要です。


で、年末調整の書類を作成してようやく気付いたことが一つあります。

12月のボーナスがもらえる予定なので、
「ボーナスが出たら2回目の繰上返済をするぞ!」
と、思っていたわけですが、
繰上返済してしまうと、ローン会社にもう一度残高証明を発行してもらう必要がありますよね!?

そうしないと、実際よりも多いローン残高を申告することになってしまうので、
修正するために確定申告が必要になってしまいます。

危ない、危ない。


なので、2回目の繰上返済は、年が明けてから2017年に実施しようと思います♪
毎年、ボーナスの翌月に繰上返済することを目標にしようかな。


同じように、今年は保険の見直しを断行して大口の保険を解約したのですが、
解約するのも保険料控除申告書の書類を作る前に、保険料支払証明を保険会社に再発行してもらう必要があります。

保険の見直しも1年の前半~9月頃までに行う方が安心ですね。


これで、年末の仕事、一つ片付きました。
他に何か片付いたのか、とか、聞いてはいけません(笑)