読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

楽天マガジン 気になった記事

つぶやき。 本。

普段あんまり雑誌を読むことはないのですが、
ただいま「楽天マガジン」の雑誌読み放題サービスをお試し中です。

読み始めると面白い記事がありますね。

タイトルが気になって開いた記事を3つ紹介します。

週刊東洋経済2016年11月19日号p.46「アマゾン読み放題 なおも続く全削除」

特集のタイトルが過激ですよね。
「そのメディアにおカネを払いますか?」って、
メディア側から自虐的に言っているのが興味をそそりました。

テレビとか、新聞とか
スマホの普及やネット文化でユーザーが離れている、という
まあよくある内容ではあるのですが。

興味を持ったのはアマゾンの記事。
キンドルアンリミテッドでトラブルがあって、
講談社の作品は1,000作品が削除されたまま、という内容です。

原因はアマゾン側が講談社の作品を一方的に削除したことらしく。

そもそも、キンドルアンリミテッドのサービス開始直後に
目玉とされるような人気本が軒並み読めなくなった、
というのはネットの記事では読んだけれど、
講談社小学館のような大手とも、
そんなにもめていたとは知りませんでした。

個人的には応援しているので、もっと読みたい本が増えるといいのですが、どうなるのかなあ。

週刊ダイヤモンド2016年11月19日号p.26「中高一貫VS地方名門 最強の高校」

進学先(東京大学京都大学)とか、政治家の出身校とか、
超有名進学校の話が中心です。

私はこの記事でも載っている通り、
普通の県立高校(公立)が県下一の進学校という静岡県で育ったので、
名門私立とか中学受験とかにはとても疎いのですが、
夫は中学受験していますし、首都圏にいる限りは避けられない話題。

長男や次男の進学先は…と、漠然と興味を持ちました。

part2の「地方を牛耳る名門校」という特集が面白そうでしたが
電子版だと関東や中部のページは割愛されていました。

実際の雑誌でどうぞ、ということですかね。

GQ JAPAN2016年12月号p.124~「ザ・腹筋美女16人」

タイトルとおり、腹筋がきれいなアスリートやモデルの方が紹介されています。

なんだろう、
それぞれの方のインタビューもあるのですが、

文字は全然入ってこないよね!
腹筋にくぎ付けになってしまうので(笑)

女性の腹筋ってかなり鍛えてもなかなか割れませんが、
鍛えた美女の腹筋は、ただ美しいです。

楽天マガジンで「まとめ記事」に入っていなかったら
きっと見ることもない記事でしたが、
目の保養になりました。

いつも読まないものも手に取れるのが読み放題の醍醐味

毎朝、「雑誌一覧」のページから、当日配信された雑誌を選びます。
f:id:etenatsu:20161115103417j:plain

読んでも読まなくてもいいので、適当に雑誌をクリックしてダウンロード。
気が向けば色々な雑誌を読むことができます。

この気軽さが、読み放題ならではで、ついはまってしまうところです。

Amazonキンドルアンリミテッドを使っていた時も、
とりあえず借りられる上限の10冊は常に持ち歩いていました。
本に関してはマキシマムが好みです。


雑誌は、まるでネット記事のような身軽さや新鮮さがありながら、
出版にあたって校閲を通っている安心感があるというか、
「文章を書く」ということにおいて、見習いたいところが多いです。


雑誌一覧を見ていると、
週刊誌を中心に「トランプ氏」の見出しが目立ちます。
私もにわか「トランプ」通になろうかな。