読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

熱海の観光名所に行きました。

伊豆が舞台の荻原規子「あまねく神竜住まう国」を読みました

昨年、セールで安くなったKindle本を買い込んで、年末年始に読んでいました。

星野源のエッセイ、面白かった。
そして生活はつづく (文春文庫)
お腹が弱いと聞くと仲間意識を持ってしまう、に共感(笑)


そのときに、こどもの頃から大好きな荻原規子さんの本もKindleで買い込んで読み直していました。


勾玉3部作と

白鳥異伝[上] (徳間文庫)

白鳥異伝[上] (徳間文庫)

薄紅天女[上] (徳間文庫)

薄紅天女[上] (徳間文庫)

続編のような世界観の「風神秘抄」と「あまねく神竜住まう国」。
空色勾玉に出てきた鳥彦に縁のある「鳥彦王」が出てきます。

あまねく神竜住まう国 (児童書)

あまねく神竜住まう国 (児童書)

勾玉3部作で神話の時代から奈良・平安時代まで時代は移り変わり、「風神秘抄」では平治の乱のころ、平清盛後白河法皇の時代に。

「あまねく神竜住まう国」は源頼朝が伊豆へ流された時の話をモチーフにしたファンタジーです。

熱海で源頼朝ゆかりの地へ~走り湯、伊豆山神社

これらの本を読んでいるときに、ちょうど熱海を観光する機会がありました。

熱海には頻繁に行きますが、観光するのはこどもの頃以来で、訪れている回数の割には、観光名所についてあまり詳しくありません。


あまねく神竜では、流刑になったばかりの頼朝公が「阿多美の郷の走湯権現」にお参りに行く、という重要なイベントがありましたが、読んでも全然ピンときていませんでした。

阿多美=熱海
走湯権現=伊豆山神社
のことを指しています。


伊豆山神社の麓には走り湯があります。走り湯は珍しい横穴式源泉です。

観光協会のページ↓
f:id:etenatsu:20170112090751j:plain

f:id:etenatsu:20170112090806j:plain
この洞穴のようなところの数メートル奥に、70度の源泉がぼこぼこと湧いており、誰でも見学可能です。ここでは入浴はできません。


湯気がすごく、天井が低いので、閉所恐怖症の方は入れないかも…。私は何とか一緒に行った方に連れていってもらいました。

小説で頼朝が湯治をする場面がありますが、走り湯から引いたお湯かなぁと妄想。


この走り湯をはじめ、熱海には源泉がたくさんあるので、伊豆山自体が走湯山(そうとうさん)と呼ばれ、伊豆山神社は走湯権現や走湯山権現とも呼ばれていたようです。
観光協会のページ↓

源頼朝北条政子が出会ったとも言われ、縁結びの神様として人気です。境内には「頼朝と政子の腰掛け石」という岩もあります。(写真を取り忘れました…)

実際には頼朝は箱根神社伊豆山神社、両方のお参りを熱心に重ねて源氏再興を誓ったと言われています。

また、現在の伊豆山神社の社殿などは江戸以降に建て直されたもののようです。

走り湯のあたりから参道は始まっていて、下から登ると800段以上もあるそうですよ。

もう1つのパワースポット、来宮神社


伊豆山神社と並び、観光客の方にパワースポットとしてとても人気のある来宮神社

小説には出てきませんでしたが、とても活気のある神社です。

f:id:etenatsu:20170117175718j:plain

ここは何度か以前からお参りしていましたが、数年ぶりに参拝したところ、人の多さとリニューアルしたカフェスペースにびっくり。

f:id:etenatsu:20170117175743j:plain
おしゃれ!

来宮神社には天然記念物の大楠があります。木の周りを一周すると寿命が1年延びるとか。

そんな話もすんなり信じられる荘厳なお姿と、辺り一帯、楠のよい香り。

f:id:etenatsu:20170117180004j:plain


熱海の町並みを見下ろせる場所

熱海は崖と海に囲まれた狭い場所に街が密集しています。

こういう地形でこれだけ栄えているのは珍しいことのようで、街並み自体が景勝地になっています。

熱海城の駐車場からの眺め

この街並みを観るのには熱海城がお勧めです。

城と言っても歴史的建造物ではなく、観光施設です。

f:id:etenatsu:20170112173622j:plain

でも残念なことに、今回は時間がなくて熱海城の中には入れず…。
熱海城に入ると、足湯に入りながら絶景が見えるのですが…。
熱海城の駐車場から見える景色がこちらです。

f:id:etenatsu:20170112175224j:plain
手前の丘の樹木で街並みが見えない…。
( ;∀;)

でも、天気がよければ房総半島まで見えます。千葉まで意外と近い!

おまけ~十国峠からの眺め


住所としてはお隣の函南町で、熱海ではありませんが、熱海に来たら是非立ち寄ってほしい十国峠

十国の説明はこちらがわかりやすい。

十国峠の名前は、昔の国名で「伊豆」「駿河」「遠江」「甲斐」「信濃」「相模」「武蔵」「上総」「下総」「安房」の十の国がここから見渡せたことに由来します。現在の静岡県・山梨県・長野県・神奈川県・東京都・千葉県になります。

ケーブルカーがありますので、是非十国を見渡してみてください。

麓からでもなかなかの眺めです。

f:id:etenatsu:20170118065310j:plain
いつものことながら、写真が下手ですみません。

富士山も近くに見え、迫力の眺めなので、是非お立ち寄りくださいませ。


蛭ヶ小島(現在の伊豆の国市韮山あたり)に流された頼朝も、伊豆山神社お参りの道中に立ち寄ったかしら、と眺めました。

熱海駅より数度は気温が低いので、防寒してくださいね。


他にも色々観光名所があります。

今回は全然回りきれなかったので、次回は家族と遊びに行きたいです。