読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

適度に、適当に。

選択の多い人生ですが、家族で楽しく暮らしていきたいです。

こどもの腕時計の電池交換。

長男はおたふく風邪ではなかったようです。
過去記事→
おたふく風邪、確定?【追記:おたふくではありませんでした】 - 適度に、適当に。
とはいえ、まだおなかが痛くて本調子ではありません。
週末は暖かくして過ごそうと思います。

 * * *

こどものおもちゃ時計の電池が切れてしまいました。

本体がお安いのに、電池交換は千円かかるので、どうしよう?と電池が切れてからだいぶ放っておいたのですが、重い腰をあげて電池を交換してみることにしました。

このシリーズの時計です。
楽天Amazonだと2,000円以上しますが、2年前にホームセンターで1,000円くらいで買いました。


時計の裏を見ます。

f:id:etenatsu:20161118143040j:plain:w300
よく見ると↑のところが少しくぼんでいます。

ここに小さなドライバーを差し込み、

f:id:etenatsu:20161118143134j:plain:w300
こじ開けます。

f:id:etenatsu:20161118143154j:plain:w300
開きました。

f:id:etenatsu:20161118152930j:plain:w300
丸くて小さなボタン電池です。

単純な作りではありますが、写真にとってから作業すると安心です。


電池の型番を調べると、100円ショップにもありました。

f:id:etenatsu:20161118143349j:plain:w300
1つ108円。

こちらの通販で買う方が安かった。

ボタン電池をセットし直して、裏蓋をカチッとはめたら完了です。


f:id:etenatsu:20161118143428j:plain:w300
作業としては3分かかりませんでした。
簡単!

緑色の時計は長男のもの。
もう1つ、オレンジ色の次男の時計があります。

続けて作業し、電池交換まではよかったのですが、
時間あわせのつまみが動きが悪い。

うまく引っ張れず爪が割れました…。

ならば、と、
マイナスドライバを当てたところ、


f:id:etenatsu:20161118143630j:plain:w300

ボキッ

と、つまみを折りました…。
しゅ~ん…。

次男くん、ごめん…。

一勝、一敗の結果となりました。
(電池を変えるだけなら二勝だったのに油断した~)


今回は失敗もありましたが、
今まで当然のように業者さんに頼んでいたことでも、自分でできることもあります。

例えば、自家用車のキーレスエントリーのリモコンキーの電池交換。
定期点検で頼むと864円しますが、電池自体は100円ショップで2個で108円で購入できます。

f:id:etenatsu:20161118144217j:plain:w300
1つ使ったので使いかけの写真ですみません。
自分で電池を変えられるので、急な電池切れも怖くなくなりました。


ただ、時計もリモコンキーも、ユーザーが電池交換をするのに耐えられるような作りにはなっていないので、壊れると自己責任となってしまうのに注意。

普通の乾電池の電池交換のイメージだと危険です。
結構、壊れやすい作りなので、壊れてもあきらめの付くものだけ、挑戦しようと思っています。


なんでもそうですが、業者さんに頼むと手数料と安心料がかかります。
多少失敗しても味だな、と思えるような作業だったらDIYがお勧めです。

我が家だと、引っ越しにあたり、食器棚と箪笥のカッティングシート貼りや(塗装が剥がれたり色が好みじゃなかったので白くしちゃいました)、ダイニングの椅子の座面張替え、長男の勉強椅子の座面張替えは自分たちで(というか、夫はやらないので自分で)やったので思い入れがあります。

今はまだ、どこにも不具合がありませんが、将来、壁紙や水回りが古くなってきたら、自分で壁に漆喰や珪藻土を塗ったり、タイルを貼ったりできるかな?と妄想するのが楽しいです。

実家のご近所さんはDIY好きが高じて、自分で屋根をメンテナンスしたり外壁を塗り替えたりしていましたが(普通のホワイトカラーの会社員の方です)、そこまではできなくても、自分でできるところは自分でやるつもりで家のメンテナンスを勉強していきたいです。